fcb.portal.reset.password

2014/15年バルサに紹介されたルイス・スアレス / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

2014/15年のFCバルセロナを構成する23人の選手は、サポーターの前で初披露された。カンプノウに、ルイス・エンリケの率いる新プロジェクトを見に訪れた人々が足を運び、スピーカー、マネル・ビッチに一人一人、順番に呼ばれ、ピッチに立った。最初にチームスタッフ、ス買うティンツ、フィジオ、フィジカルコーチ、アシスタントスタッフなどが紹介され、その後、ルイス・エンリケがロベルト・モレノ、フアン・カルロス・ウンスエと共に現れ、最初の拍手を受けた。

コーチスタッフが紹介された後、最も期待されていた瞬間、トップチームの選手がカンプノウに立った。一人一人、背番号順に呼ばれ、最初は昨年在籍していた選手が呼ばれたが、ネイマールJrの時は、拍手が一段と大きくなった。

ルイス・スアレス、大拍手の中で

その後、新加入選手、テア・シュテーゲン、ラフィーニャ、ラキティッチ、マシップ、クラウディオ・ブラボ、マテュー、フェルメーレン、そしてルイス・スアレスが紹介された。スアレスは、初めてカンプノウの芝を踏み、観客からの大歓声を浴びた。

最後にキャプテンが現れた。セルヒオ、メッシー常に大拍手を受ける選手の一人で今回も例外ではなかったー、イニエスタ、チャビの順番で現れた。また、チャビはサポーターの前で代表挨拶を行ない、チームにとって重要だった人々、チェマ・コルベジャ、ビクトル・バルデス、カルラス・プジョルに対しての感謝を述べた。また、新たな新戦力とコーチスタッフへもことばをのべ、「僕らはシーズン末に成功を手にできるように、全力全霊を捧げます」と誓った。今季の最大の目標は、ファンの君たちが僕らの払う努力や仕事に誇りを感じてくれるようにすることだ。

また、ルイス・エンリケも、マイクを手に、サポーターに向かって話し、「ここにいられることは、本当に名誉なことだ。再び、このピッチに立ち、このプライスレスの舞台にタチ、サポーターが僕らを支えてくれて・・・。これは議論の余地がないものだ」と話し、「このグループは他とは違う唯一のものだ。練習ではお手本となるチームだ」と話し、特にシーズンの辛い時に支援してくれるよう、頼んだ。「今季の最大の目標は、ファンの君たちが僕らの払う努力や仕事に誇りを感じてくれるようにすることだ」と結んだ。

上に戻る