fcb.portal.reset.password

試合後、喜び合うブスケッツとバルトラ、スアレス FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

- ブスケッツは、今季、チームで11人目の得点者としてデビューした。

- セルヒオが決めた最後のゴールは 2014年2月5日であり、レアルソシエダとの試合だった。カップ戦の準決勝であり、トップチームでは12ゴールをマークしている。

- ロスタイムのゴールがバルサに勝利を与えたのは、2013年9月セビージャ戦で、3−2にしたアレクシス・サンチェスのゴール以来だった。.

- クラウディオ・ブラボは、再び、無失点に終えた。ベルナベウでの試合以来、最近、4試合は必ず、失点していた。

- 1試合にバルサの選手が4枚のイエローカードを受けたのは、今季、初めてだ。最多は3枚で、マドリード、アヤックスとのアウェー戦だった。 

-  バルサの選手が9回犯したファウルのうち、4回がイエローカードとなった。 

- ホームチームは、パス数が 240回、一方、アウェーのバルサは 650回だった。

- ジェラルド・ピケが最も多くのボールを取り戻した(12)

- バルサが今季決めている43ゴール中10ゴールが試合終了前の15分間に決まっている。

- FC バルセロナは、バレンシアでのアウェー戦を3勝無失点で手にしている。これまでにビジャレアルを 0-1 で、レバンテのスタジアムは 0-5で制している。

- バルサはリーグ戦でメスタージャを訪れたチームを相手に8試合無敗記録(4勝4分)を初めて敗ったチームとなった。

- ルイス・エンリケは、クリムゾンカラーのユニフォームで戦い、失点したことがない。内訳は2勝 (レバンテと0-5、メスタージャで 0-1) 1分け (マラガと0-0)だ。

上に戻る