fcb.portal.reset.password

記者会見に向かうブラボ / MIGUEL RUIZ - FCB

 セルタ・デ・ビゴを前にバルサはリーグ戦に戻ってくる。木曜日に記者会見で、クラウディオ・ブラボが話した内容は、下記の通り。

セルタ・デ・ビゴについて

「リーグ戦の毎試合で僕らはリーグ制覇を賭けて戦っているとわかっているし、(セルタは)勝つに難しい相手だ」

「僕らにカンプノウで勝ったというだけで、別の見方をしている」

「僕らはセルタを前にとても注意深くならなければならないが、何より、自分達のことを神事、僕らのプレー、僕らのチームメートを信じなければならない」

「ベリッソは、ボールを持つのが好きな監督だ。ボールを持っていない時は、奪うためにアグレッシブになる」

 バルサでプレすることの意味

 「僕は初日同様、とても落ち着いている。チームを助けにきたし、ハイレベルにいる。日々、そのレベルにいられるために練習を続けている」

「何が一番、難しいかは決して考えない。その逆で、楽しむことを考える。なぜなら、バルサでプレーすることは信じられないことだからだ。バルサのキーパーであることは大きな責任を追うこともわかっているが、落ち着いて、周囲にもチームメートにも、その落ち着きを伝えなければならない」「カンプノウで私達を負かしたというだけで、セルタを見る目は違う」

メデル-ネイマ

「二人とも大人なのだから、ピッチで終えるべきことだ。二人と話したし、サッカー的にそういうことを話すのは必要だ」

「ネイマールは、決定力のある選手だし、ライバルとしてはとても危険だ。チームメートとしては、プレーする時にとても楽しめるし、最高だ」

って来たメッシ

「良い状況に見えた。走り込みをしたし、長旅から帰ってきたから別のメニューを行なっていた。グループは、とてもいい状態だし、日曜日の試合をやりたいという気持ちでいっぱいだ」

サモラ

「落ち着いて受け止めているし、今までと同じようにプレーして、最後の試合の最後の瞬間まで、一番、いい形で終えたい。サモラ賞があってもなくても、僕にとっては同じだ。僕が欲しいのは、リーグ、チャンピオンズ、国王杯なのだから。最初に仕事があり、チーム目標がある」


Claudio Bravo: "No nos debe afectar el parón" por fcbarcelona
上に戻る