fcb.portal.reset.password

記者会見でのマルク・バルトラ / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

マルク・バルトラ は、今季、トップチームで3年目を過ごしており、今季、10試合ーリーグ戦で5試合、チャンピオンズリーグで4試合、国王杯1試合ーに参戦している。バルトラは、日々、プレー時間を与えられていることに満足している。「今のところ、シーズンはポジティブな形で過ぎている。僕はプレー時間を与えられているし、それは選手が求めているものだ」と話した。「僕は戦術的にとても向上しているし、それはすごく大切なことだ」監督は僕のことをよく知っていたし、僕が気を緩めずに集中し続けるように助けてくれている。
向上の鍵の一つは、バルトラによれば、ルイス・エンリケのチーム内にいるからだと言う。「監督は、僕が気を緩めずに集中し続けるように助けてくれている」また、ルイス・エンリケがバルサBで率いていた時に、何度か、試したように右サイドバックでプレーする可能性も示した。 

日曜日のダービー戦については、ユースカテゴリーから過ごしてきたバルトラにとっては、「常に小さい時から、やっつけなければいけない相手であり、スペシャルな試合」だったと振り返った。「この手の試合がやってくると、やる気であふれるのは確かだ。こういったテストを勝って終えれば、僕らにとってはより、大きな自信につながる」と目の前に迫っているエスパニョールとPSG戦について話した。

上に戻る