fcb.portal.reset.password

FC バルセロナはポゼッションでトップだ。GRAPHIC: FCB

El ranking de posesión media en la Liga después de la undécima jornada.

El rànquing de possessió mitjana a la Lliga després de l'onzena jornada.

チャビ・エルナンデスは、月曜日に、ルイス・エンリケのサッカーについて「ディテールは違ってもスタイルは同じだし、哲学は変わっていない」と話したが、そのことばがデータで証明されている。プレーのコントロールについて、そのレベルはランキングを見れば一目瞭然だ。リーグにおけるボールポゼッションの半分以上(1試合につき68,4%)続くのはレアルマドリード  (57,2%)、ラヨ (57,1%)、セルタ (56,5%) 、レアルソシエダ (53,5%)だ。

バルサは最も多くパスを試すチームであり、実際、リーグ戦最初の11節までで最も多く成功させているチームだ下記のリストから、バルサがどれだけ効果的なパスを出し、その成功率が最高に高い

チーム パス数
(1試合につき)
成功パス数
(1試合につき)
成功パスの% 
FC バルセロナ 7.183 (653) 6.335 (576)  88,19%
R.マドリード
6.200 (564) 5.406 (491)  87,19%
セルタ・デ・ビゴ
5.326 (484)  4.155 (378)  78,01%
ラヨ・バジェカノ
5.115 (465) 4.014 (365)  78,48%
アスレティック・クラブ
5.024 (457)  3.748 (341)  74,6%
セビージャ 4.723 (429) 3.646 (331)  77,2%
バレンシア
4.582 (416)  3.625 (329)  79,11%
コルドバ
4.532 (412)  3.433 (312)  75,75%
アトレティコ・デ・マドリード
4.514 (410)  3.469 (315)  76,85%
R.ソシエダ 4.504 (409)  3.441 (313)  76,4%

この11節でバルサのプレーは、特にセンターの位置で向上を示している(51,83%)。 下記の図では、プレーの 32,52% がバルサの攻撃ゾーンセンターで行なわれており、逆にバルサの後部では 15,63%しか、プレーしていないことがわかる。 


その一方で、 リーグ戦で最も正しくパスを出している選手ランキングの10人中4人にバルサの選手がランクインしている。イバン・ラキティッチ (616)、セルヒオ・ブスケッツ(576)、ダニ・アウベス (534)、レオ・メッシ (519)だ。このランキングのトップを走るのは、マドリードのクロース (753) とラヨのトラショラス (732)だが、 バルサはチームレベルでこのトップ10に最も多くの選手を選出している。興味深いことに前線からの選手は、その中でレオ・メッシだけだ。

選手 成功パス数 
成功パスの% 
クロース (R.マドリード)
753 93,66%
トラショラス (ラヨ)
732 87,14%
ラキティッチ (バルサ)
616 90,72%
モドリッチ (R.マドリード)
586 90,57%
ブスケッツ (バルサ)
576 91,28%
ラモス (R.マドリード)
567 89,43%
アウベス (バルサ)
534 88,7%
カブラル (セルタ)
529 84,91%
メッシ (バルサ)
519 84,12%
クロンーデリ (セルタ) 514 85,38%

*データ提供は Optaによる。

上に戻る