fcb.portal.reset.password

Neymar Jr en el moment del 2-3 / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

Suárez, Neymar et Messi après le '1-1 / PHOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

FC バルセロナは、国王杯準決勝で戦うことになる。その進出をジェットコースターのようなシーソーゲームでカルデロンにて決めた。ネイマールJr(2)のゴールとミランダのオウンゴールが試合スタートから40秒後に先制し、また、30分後には2−1で試合wp制していたアトレティコに逆転をもたらした。.

あきらめるどころか、FCバルセロナは精神的な強さを増して、カウンターをベースにリアクションを起こした。ハーフタイムに2−3で後半に進んだが、そのスコアが決定的なスコアとなった。ガビとマリオスアレスが退場になったため、後半はコーヒーで例えれば、ノンカフェインのゲームとなった。

準決勝への登山は、厳しい上り坂からスタートした。フェルナンド・トーレスが試合1分になる前に、先制点を決めたのだ。エル・ニーニョはマドリードを相手にしたベスト16でも同じことをしていた。トーレスのゴールは、一瞬の間に両者の結果をドローに導いた。カンプノウでの90分間の成果は、あってはならない、余りにも早い時間に水泡に帰したのだった。

だが、そのリアクションも早かった。アトレティコ・デ・マドリードがスピーディな逆転に近付くにつれ、メッシ、スアレス、ネイマの3人がタッグを組んで、それを阻んだ。その結果、ブラジル人アタッか−の同点弾が生み出された。スコアは1−1になり、試合は再び、バルサ有利に傾いた。試合スタートの0−0よりはずっと良かった。
試合は息をつく暇もなく、考えうるあらゆる出来事が起きた。矢が降るような対戦相手からのファウル、ネイマールJrのカウンターアタックーテア・シュテーゲンがゴールから放ったセンセーショナルなアシストからスタートしていたー、非常に厳しい基準で取り消されることになったオフサイド、フラッグをおろした際に当たってしまったジョルディ・アルバへの意図的ではなかったジャッジサイドのファウルなど、あらゆることが起きた。

また、マスチェラーノがフアンフランにエリア外で犯したファウルに対して、ペナルティが与えられ、カルデロンには、情け容赦がない状態が続いた。ラウル・ガルシアがPKを引き受け、再び、スコアをホーム有利な2−1に変えた。

試合から30分、経過した状態で、カルデロンには全てのことが起きた。唯一、不足していたのことが起きたのは37分だった。FCバルセロナがコーナーキックからゴールを決めて、試合を2−2にしたのだ。セルヒオのシュートがそれで、ミランダのオウンゴールになった。アトレティコの持ち味であるセットプレーだが、スペシャリストは自ら、その罠にはまってしまった。 
前半を終える前に、ロックンロールが響いた。ジョルディ・アルバが放ったアシストを受けて、ネイマールJrがバルサに2−3をもたらした、ジョルディ・アルバは、その直前、反対側のエリアでグリスマンのシュートをハンドで受けたとペナルティを叫ばれており、別の意味で主役となっていた。ハーフタイムになり、選手トンネルでガビが退場になった。そういった狂気の中、バルサが試合を制していた。

'チョロ'シメオネは、ディフェンシブなリアクションを起こした。グリスマンを出汁、サウルをピッチに入れた。ホームチームは、規約ぎりぎりのファウルを続けていた。アルダ・トゥランは、線審のジャッジが気に食わず、シューズを脱いで外に向かって放ったため、イエローカードを受けた。

アトレティコ・デ・マドリードがテンションを加えていたにもかかわらず、試合の様相は変わっていた。数的不利の10人でアトレティコは、ボールを足元から話さず、時間をコントロールするバルサを相手に反論できなかった。バルサはその代わり、次から次へとファウルに苦しまされ、中でもネイマールJrとメッシはーマリオ・スアレスも退場となりー最後は9人となり、8枚ものイエローを受けたアトレティコの選手に痛めつけられた。
世界中のファウルを浴びせられても、成長を続けようとするチームを阻むことはできなかった。バルサは9年間で8回目の国王杯準決勝進出を決めた。

上に戻る