fcb.portal.reset.password

最も多くパスを出したマスチェラーノ / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

FC バルセロナは、アポエルFCを0-4 で制し、その夜、メッシは記録を達成し、完璧な試合を行なった。また、バルサはルイス・エンリケが率いてから、最も多くのパスを出す記録も生み出した。その他、キプロスでの興味深いデータをここに紹介する。

  • FC バルセロナは、全部で 934 回のパスを出し、そのうち、840回を成功させ、今季、最高の数値を出した。 
  • 今まで、その意味でのベストデータは、やはり、アポエルを相手にしたカンプノウでの試合 (856回のパスを出し、747 回、成功させた)及びアウェーでのレバンテ戦(852回中768 回、成功させた)だった。
  • バルサは、マスチェラーノ、ラフィーニャ、ラキティッチと今季、初めての顔ぶれの組み合わせで中盤を形成した。
  • アルゼンチン人選手は、この統計データを推進した一人で(118 回中111回成功させた)、チャンピオンズリーグの記録だ。
  • GKテア・シュテーゲンは、見事なセービングを魅せただけでなく、23回のパスを全部成功させ、完璧な試合を行なった。それを超えるのは、ポエルのヌノ・モライスのみだった(29回中26回成功).
  • テア・シュテーゲンは、二試合連続蒸してtんであり、欧州で参戦した5試合中3回を無失点に抑えている。
  • レオ・メッシが最近、決めた二回のハットトリックは、3月 のオサスナ (7-0)、レアルマドリード  (3-4)の対戦だった。
  • メッシは、今季、3回行なったチャンピオンズリーグのアウェー戦で、5得点を決めている。
  • バルサの '10' 番は、最近の2試合で6ゴールを決め、ここ4試合で8得点をマークしている。
  • チャンピオンズリーグで決めた12ゴールのうち、7ゴールが前半に決まっている。そのうち、前半15分から30分の間に3得点が決められている。
  • ラフィーニャはFCバルセロナで今季、二度目の退場処分を受けた。1度目は、リーグ戦初戦(エルチェ)だった。
  • 65分間にバルサは一人、数的不利となった状態で、試合を3−0と有利に動かした。
上に戻る