fcb.portal.reset.password

コロンビアの勝利を祝うアルゼンチン / CA2015.COM

レオ・メッシとハビエル・マスチェラーノと共にアルゼンチンは、コパ・アメリカの準決勝進出を決めた。コロンビアを前に心臓破りのPK戦を終え(5-4)、アルゼンチンは進出を決めた。 コロンビアのGK、ダビッド・オスピナが、バルサの‘10番が数多く生み出したゴールチャンスをゴールに変えるのを阻んだ。コパ・アメリカの新システム導入により、延長はなく、両代表はPK戦で決着をつけることになった。タタ・マルティノの率いるチームは、良い内容の試合を見せ、カルロス・テベスが最終的に準決勝を決める決定弾をマークした。

オスピナに阻まれたメッシ

オタメンディとアグエロが再び、スタメン出場し、アルゼンチンは明白に試合をコントロールしており、その状況が明らかすぎたために、ホセ・ピケルマンが前半24分にはミッドフィルダーのカルドナをFWのテオフィロ・グティエジェスに変えて、交代させたほどだった。アルゼンチンの前半のゴールチャンスは、次から次へと訪れたものの、精彩を放ったオスピナに阻まれた。前半26分にアグエロが、その後、メッシがヘディングでGKのクリアミスからゴールチャンスを得たものの、アーセナルのGKは、ゴールを許さなかった。

PK戦で決定

コロンビアは、後半、少しずつ、ロメロのエリアに入り込み、一方、アルゼンチンは決定的なチャンスを生み出す度にオスピナとムリージョに阻まれた。最終的にPK戦が行なわれ、メッシがGKの右に力強いシュートを蹴って、アルゼンチンに最初の得点をもたらした。7回にわたるPK戦の末、テベスが準決勝進出を決めた。準決勝での対戦相手は、ブラジル或いはパラグアイになる。

メッシ「最高の試合が出来た」

レオ・メッシの試合後のコメントは、下記の通り。

「信じられないし愛だった。僕らがコパで行なった最高の試合だった。僕らはあらゆるところから、チャンスを生み出した。PK戦では幸運が味方してくれた」

「ゴールが決められれば良かったが、最も大事なのは進出が決まったことだ。相手がブラジルだろうとパラグアイだろうと同じだ」

「PK戦では幸運を得たが、僕らが90分プレーした内容からも、僕らは進出にふさわしい働きをした」

 

上に戻る