fcb.portal.reset.password

Neymar Jr i Urko Pardo, durant el partit al Camp Nou / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

数的に進出を既に手に入れ、FCバルセロナはニコシアで、グループFの首位進出を目指す。残りはPSGの掌中にある。ルイス・エンリケが率いるチームは、キプロスでの初勝利を目指す。過去に2回、訪問した際は、ドローに終わっているからだ。最初は1982年 (アポリョン・リマソルと1-1 ) 、次は 1996年 (AEK ラマカと0-0)だった。ことわざ通りに三度目の正直なるか。 

三回ある中の初遠征

今晩、ニコシアで8日間に三回のアウェー戦がある中の初戦が行なわれる。 キプロスでプレーした後、バルサはバレンシアに行き (30日(日)、 21時)、 1週間後にはウエスカ (3日(水)22時)で戦い、FC場rセロナはわずかな期間にチャンピオンズリーグ、リーグ戦、国王杯とそれぞれの試練を前にしている。 

今回、ルイス・エンリケは22人の選手を召集した。唯一、欠場するのは、負傷中のフェルメーレンとイニエスタのみだ。試合前に4人の選手がリストから外れることになる。

アポエル FC: 270分間、無得点 

バルサのライバルにとって、今週の火曜日の試合は、ヨーロッパリーグにアクセスできるかどうかが掛かっている試合になる。現在、勝ち点1のみのキプロスのチームは、勝ち点3をあげるために尽力することだろう。達成は容易ではない。アポエルFCは、自国のリーグ戦で首位だが、現在、ゴール不足に悩まされている。公式戦3試合連続で無得点に終わっている。

上に戻る