fcb.portal.reset.password

アポエル対 FCバルセロナ / FOTO: Fotomuntatge FC Barcelona

FC バルセロナは、17年ぶりにキプロスに戻る。最後にキプロスを尋ねたのは、ボビー・ロブソンが監督し、現監督のルイス・エンリケを選手として率いていた時だ。アポエルーFCバルセロナ戦にいけるトリビアデータは、ここから。a

  • FCバルセロナがキプロスで戦う公式戦は3回目。まだ、バルサは勝利をあげたことがない。1982/83 年UEFAカップウイナーズでは、リマソルFCを相手に1-1のドロー、1996/97年のウイナーズカップでは、 AEKラマカと対戦し、スコアレスドローで終わっている。 
  • 現バルサ監督のルイス・エンリケは、AEKラマカとの試合に選手として参加している。その後、バルサはカンプノウで2-0の勝利をあげ、進出を決めた。
  • イバン・ラキティッチは、セビージャを前にバルサでの試合でゴールをあげたが、アポエル戦でもゴールをあげている。シャルケ04に在籍していた時で、2008/09年UEFAカップで、試合を1-4で制するのに尽力した。
  • アポエルは、昨季、カンプノウで1-0で負けた。この結果により、アポエルのリーガでの記録は4分け2敗になり、いまだかつて、スペインのチームを前に勝利をあげていない。
  • バルサは、チャンピオンズリーグの16強進出をアヤックスのスタジアムで勝利をあげて(0-2)決めたが、後、残っている2試合は 1点差でグループ内首位の PSGとの首位進出争いとなる。 
  • アポエルは、グループリーグで一勝もあげておらず、勝ち点1でグループ内最下位だ。 
  • メッシは、セビージャを前にリーグ戦最多得点王のサラの記録(253)を超えたが、アポエルを前に更にチャンピオンズリーグ史の最多得点記録を塗り替える可能性がある。現在は、71でラウル・ゴンサレスと並んでいる。
上に戻る