fcb.portal.reset.password

コルドバ戦でのチャビ、スアレス、メッシ / FOTO: VÍCTOR SALGADO - FCB

FCバルセロナは、コルドバを2014年に今年最後のリーグ戦にて5−0で下した。これと同じ結果が過去にあったことがある。そのほか、興味深い試合データは下記から。 

バルサは、2012/13年にもカンプノウで行なわれた国王杯16強でもコルドバを 5-0で下したことがある。


2012/13年30節以来、バルサがカンプノウで5−0で試合を制したことはなかった。最後の試合の対戦相手はマジョルカだった。今季は、0−5でレバンテのアウェー戦では勝っている。


ジェラルド・ピケは、今季、3ゴール目をマークした。今季はチャンピオンズリーグのアポエル戦、リーグ戦でのエスパニョール戦でゴールしている。


ルイス・スアレスは、コルドバ戦でリーグ初得点を決めた、欧州では既に2得点を決めている。


レオ・メッシは、リーグ戦の16試合15ゴールを決めており、今季、チーム内最多得点王だ。


メッシと同じくゴールづいているのは、ペドロ・ロドリゲスで、火曜日にウエスカで初のハットトリックを決め、土曜日に再び、試合1分に先制点をマークした。


セルヒオ・ブスケッツは、最も多く試合に関与し、全部で128回のパスを出し、118回を通した。また、イエローカードを受けた唯一の選手となった。


2014年になってから、モントヤが二試合連続でスタメン出場を果たしたことはなかった。


上に戻る