fcb.portal.reset.password

Adriano, en un moment de la roda de premsa a la Ciuta Esportiva Joan Gamper / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

Adriano, en un momento de la rueda de prensa en la ciudad deportiva Joan Gamper / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

FCバルセロナのサイドバック、  アドリアーノ・コレイアは、数週間前から、不整脈と診断され、治療を受けていたが、その件について、「不整脈と診断された時は、驚いた。多くのことが頭をよぎった」と告白した。「でも、そのことについて安心できる人達に任せているというのがあったので、信じているし、少しずつ、そのことを考える時間が減って来ている」と付け加えた。また、現在、体調はよく、「調子はとても良いよ。その件は過ぎたことだ。解決策があった。もう、100% で練習しているし、やる気でいっぱいだ」と付け加えた。

もう、100% で練習しているし、やる気でいっぱいだ。

トップチームの新監督については、「ルイス・エンリケになって哲学が大きく変わった。ルイス・エンリケは強い個性を持っているし、それが僕らにはとてもいい」との考えを示した。「監督のスタイルゆえに変化したのははっきりしている。彼はいつも選手をよく見ていて、要求度が高く、全面的に信頼してくれる」と話した。

「今年は良いスタートを切った」と付け加え、「できるだけスピーディな変遷」を目指し、「チームを向上させること」を目標とし、「今年はもっと知っていることを全部、出したい気持ちでいっぱいだ」と話した。また、もう一つの鍵として、チーム内に多くの競合があることをあげ、「チームにとって良いこと」だし、「僕らは百パーセントの力を出している」と言い、新補強選手については「9人もの新しい選手が来たら、もちろん、全てが変わる。もちろん、多くのものを僕らにもたらしてくれる」とコメントし、「僕らはみんながタイトルをとりたいという意欲にあふれているし、それは僕らにとってとてもいいことだ」と話した。

ドウグラスは、チームにとって非常にいい補強だ。

また、自身の競合となるドウグラス・ペレイラについては、「素晴らしい選手だ。クオリティが高い」と評し、この補強について驚かされたこともなく、「チームにとって、とても良い補強だ」と話したが、「適応する時間」が必要だろうとも話した。

また、アドリアーノは、他のチームからも今年の夏、オファーを貰ったものの、バルサを出ていく考えは全くなかったと話した。「今年の夏、オファーがあったが、ここで続けていきたいとのいつも、明らかにしてきた」と現況に満足していることを伝えた。

上に戻る