fcb.portal.reset.password

練習でのラフィーニャ/ FOTO: ARCHIVO FCB

トップチームは再び、試合後、練習に戻った。ルイス・エンリケ・マルティネスは、24人のメンバーを招集し、トップチームから8人(テア・シュテーゲン、マシップモントヤ、バルトラ、セルジ・ロベルト、デウロフェウ、アフェライ、ボジャン) が参加し、バルサBからは16人(パトリック、バグナック、エドガル・イエ、フアン・カマラ、、ディアグネ、グリマルド、サンペル、ハリロビッチ、ムニール、サンドロ、ダニ・ニエト、ジョアン・ロマン、ドンゴウ、アダマ)が加わった。

この日のニュースは、アドリアーノとラフィーニャが通常練習に加わったことだった。ピッチ上で特別練習を行ない、一般練習も軽く行なった。アドリアーノの場合、プレシーズンのメディカルチェックで、電気生理学検査の結果、心調律の乱れが見つかり、4週間から6週間離脱する予定だ。ラフィーニャは、左足の親指の打ち身を回復するための特別トレーニングを行なっているが、順調に回復している。二人ともウエルバへの遠征は行なわなかった。 

チームは月曜日の午後18時半に再び、練習を行なう。1週間に10回のトレーニングセッションを行なう予定にしている。

上に戻る