fcb.portal.reset.password

アポエル戦唯一のゴールを祝うチーム / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

アポエル戦を終えて、ルイス・エンリケは選手全員が重要だとコメントした。実際、ルイス・エンリケはそれを有言実行しており、今季4試合で22人の選手を起用している。トップチームから19人、バルサBから3人だ。謹慎処分のルイス・スアレス、負傷しているマシップとフェルメーレン、最近、加わったばかりのドウグラスのみがまだデビューを果たしていない。

アポエルFCの興味深いデータは、下記から。

  • 22人起用された選手のうち、21人がスタメン出場している。スタメンでプレーしていないのは、サンドロのみで、サンドロは3回の途中出場を果たしている。 
  • メッシとムニルの二人だけが4試合前試合でスタメン出場している。続けて、ブラボ、マテュー、アルバ、セルヒオ、ラキティッチが3回スタメン出場している。
  • バルサの '10' 番は、公式試合で360分間プレーしている唯一の選手だ。
  • アポエル戦で、今季初めてスタメン出場したのは、テア・シュテーゲン、バルトラ、アドリアーノ、サンペル、セルジ・ロベルト、チャビ、ネイマールJrだ。
  • この試合は、テア・シュテーゲン及びサンペルのデビュー戦となった。テア・シュテーゲンはアスレティック・クラブ戦で召集されていた。サンペルは、トップチームでの召集は初めてだった。 
  • また、この4試合で5人もの異なった選手がゴールを決めているのも特徴的だ。ゴールを決めたのは、メッシ(2)、ネイマール(2)、ムニル、サンドロ、ピケ
  • アポエル戦でバルサは今季初めて、全くカードを受けなかった。
     
  • 4失点連続でチームは、無失点を続けている。ゴールマウスはブラボとテア・シュテーゲンが守っている。Y
  • ダニ・アウベスは、バルサでの公式戦300試合目を迎えた。この間、20ゴールをマークしている。
  • ジェラルド・ピケは、アポエル戦で、バルサの選手として21ゴール目を決めた。チャンピオンズリーグにおいては、7得点目で 2013/14年のチャンピオンズリーグデビュー戦、アヤックスとの対戦 (4-0)でもゴールを決めている。
  • チャビは、チャンピオンズリーグにおいて 142試合目を行った。このランキング1位のラウル・ゴンサレスの記録と並んだ形だ。
  • FC バルセロナは、チャンピオンズリーグにおける500ゴール目まで、後1ゴールと迫った。9月30日のPSG戦で決まる可能性がある。
上に戻る