fcb.portal.reset.password

Alegria després del triomf a Balaídos / MIGUEL RUIZ-FCB

セルタを制した (0-1) バルサは、これで最近の20試合中19回目の勝利を手にすることになた。つまり、アノエタで1月4日に負けて以来、バルサは、カンプノウでのマラガ戦(0-1)を除いて、全試合で勝利をあげている計算になる。これは、最近、3ヶ月間で95%の試合に勝っているということだ。バライドスでの試合データ詳細は下記から。

バルサは、代表戦の週を終えた後のリーグ戦4試合で勝利をあげている。


バルサはリーグ戦で同じチームを前に二試合負けたことは、2007/08年以来ない。その時の相手は、レアルマドリードとビジャレアルだった。


リーグの中で、最も失点の少ないチームとして維持しており、現在29節で17失点だ(試合平均0,58失点).


バルサのセンターバックは、リーグ戦で既に6ゴールを決めている(ピケが4 、マテューが2)


ジェラルド・ピケはフォンタスと共にバライドスで最も多くボールを取り返した選手となった (13)。


バルサの '3' 番は、最も正確なパスを多く出し (64)、最も多くプレーに関与し(100 回) 、ヘディングで最も多くボールを跳ね返した (14)選手となった。


バルサは、489 回のパスを成功させ、セルタは282回だった。


セルヒオ・ブスケッツは、5枚目のイエローカードを受け、水曜日にカンプノウで行なわれる次のアルメリア戦は欠場する。

上に戻る