fcb.portal.reset.password

今季、デビューした8人 / FOTOMONTAJE FCB

ルイス・エンリケバルサは、今季、歴史に残る3冠を既にいた選手と新たな新加入選手を組み合わせたプレーにより、達成した。バルサBの6人の選手も加え、バルサのトップチームで初経験を得た選手らのシーズンを振り返る。 


ラキティッチ (3.603 ): クロアチアのミッドフィルダーは、バルサの中盤の要となった。51試合に参戦し、8得点をマーク。その最後のゴールは、チャンピオンズリーグの決勝での先制点だった。


ルイス・スアレス (3.546): ウルグアイ人アタッカーは、メッシ、ネイマールと共にバルサに非常によく適応し、史上最高の前線 (122ゴール)を生み出した。43得点中23ゴールをマークした。


クラウディオ・ブラボ (3.330 ): リーグを代表するキーパーとなった。堅守を見せて、37試合中19失点で、サモラ賞を獲った。


マテュー (2.759 ):  フランス人ディフェンダーは、センターバック、サイドバックとしてプレーした。41試合に出場し、3得点を決めた。


テア・シュテーゲン(1.890 ): チャンピオンズリーグに参戦し、国王杯でも活躍を見せた。その若さにも関わらず、その見事な才能を見せた。16試合中21失点。


ムニル (871 ): バルサBのアタッカーは、今季最初、最初の前線の交代要因であり、ブラックホースだった。今季は3大会でデビューし、16試合中1得点を決めた。ゴールはリーグ戦のデビュー戦で、エルチェを前に2014年8月24日に決めた (3-0)。


サンドロ (306 分):カナリア出身のアタッカーは、リーグ戦のビジャレアル戦でデビューし、シーズンを通して12試合に出場し、4得点を決めた。3大会に出場し、シーズンの最初に特により重要な役割を果たした。.


サンペル (286 ): ミッドフィルダーは、チャンピオンズリーグ、アポエル戦でデビューを果たし (1-0)、シーズンを通して国王杯3試合に参加した。


ドウグラス (273 ): ブラジル人サイドバックは、リーグ戦で2回、国王杯で3回参戦した。


ジョルディ・マシップ (180 ): チームの第三GKであり、カンプノウでの国王杯、ウエスカとの対戦及び最終節のデポルティーボ戦でプレーした。12試合中3失点。


グンバウ (90分): バルサBの選手は、トップチームの国王杯、エルチェ戦 (0-4)でデビューを果たした。守備的ミッドフィルダーはフル出場を果たした。


フェルメーレン (66): ベルギー人選手は、負傷から回復後、トップチームでリーグ戦の最終節にデビューした。


ハリロビッチ (31 ): バルサBのクロアチア人選手は、トップチームでエルチェにて戦った国王杯の試合でデビューした。


エドガル・イエ (29 ):バルサBのセンターバックは、国王杯32強の試合でほぼ30分間プレーし、二回、相手からの優れたパスカットを見せた。 

 

上に戻る