fcb.portal.reset.password

2009年のクラブワールドカップ決勝で同点弾を決めて喜ぶペドロ / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

10年前に FC バルセロナにやってきた選手の一人で、下からスポーツ界のトップまでのぼりつめたのが、現在のバルサの '7'番、ペドロ・ロドリゲスだ。 生まれ故郷のテネリフェを離れ、CD サン・イシドロ・デ・テネリフェからバルサのフベニルAに17才で入団するためにやってきた。クラブの下部カテゴリーでは、その名前が知れていた。

トップチームまで昇格

フベニル A、バルサCを過ごし、ペドロはバルサBでその足元を固めた。 2007/08年、バルサBの昇格をペップ・グアルディオラのもとで達成し、その年、更にトップチームでデビューした。フランク・ライハールトはカンプノウのリーグ戦で2回参戦させ、その翌年、グアルディオラがトップチームを率いて、ペドロは14試合に参戦し、主役をつとめた。最終的に  2009年の夏、ペドロはトップチームの選手としてサインした。

このようにして、5年間でサン・イシドロ・デ・テネリフェからバルサのトップチームまで飛躍した。また、ペドロは歴史を作った。全大会ーリーグ戦、国王杯、チャンピオンズリーグ、スペインスーパー杯、欧州スーパー杯、クラブワールドカップーでゴールを決めた最初のサッカー選手となったのだ。そのシーズンの偉大な新人選手となった。

最高レベルに固定

その時以来、ペドロのキャリアは上昇し続けている。トップチームに居場所を確定し、バルサのアタッカーの指針の一人となった。 2009年から 2014年まで、ペドロはバルサのユニフォームを来て253試合に出場し、87得点を決めた。バルサの選手として10年後、ペドロはクラブレベルであらゆるタイトルを獲得した。 4 リーグ優勝、2 チャンピオンズリーグ、 2 国王杯、 2スーパー杯、 4 欧州スーパー杯、2 クラブワールドカップだ。

バルサだけでなく、スペイン代表でもペドロは重要な鍵となった。2010年5月29日に代表デビューし、その年、南アフリカワールドカップで優勝を果たし、 2012年のポーランド、ウクライナでのユーロを制覇した。

10年前に FC バルセロナにやってきた選手の一人で、下からスポーツ界のトップまでのぼりつめたのが、現在のバルサの '7'番、ペドロ・ロドリゲスだ。 生まれ故郷のテネリフェを離れ、CD サン・イシドロ・デ・テネリフェからバルサのフベニルAに17才で入団するためにやってきた。クラブの下部カテゴリーでは、その名前が知れていた。

トップチームまで昇格

フベニル A、バルサCを過ごし、ペドロはバルサBでその足元を固めた。 2007/08年、バルサBの昇格をペップ・グアルディオラのもとで達成し、その年、更にトップチームでデビューした。フランク・ライハールトはカンプノウのリーグ戦で2回参戦させ、その翌年、グアルディオラがトップチームを率いて、ペドロは14試合に参戦し、主役をつとめた。最終的に  2009年の夏、ペドロはトップチームの選手としてサインした。

このようにして、5年間でサン・イシドロ・デ・テネリフェからバルサのトップチームまで飛躍した。また、ペドロは歴史を作った。全大会ーリーグ戦、国王杯、チャンピオンズリーグ、スペインスーパー杯、欧州スーパー杯、クラブワールドカップーでゴールを決めた最初のサッカー選手となったのだ。そのシーズンの偉大な新人選手となった。

最高レベルに固定

その時以来、ペドロのキャリアは上昇し続けている。トップチームに居場所を確定し、バルサのアタッカーの指針の一人となった。 2009年から 2014年まで、ペドロはバルサのユニフォームを来て253試合に出場し、87得点を決めた。バルサの選手として10年後、ペドロはクラブレベルであらゆるタイトルを獲得した。 4 リーグ優勝、2 チャンピオンズリーグ、 2 国王杯、 2スーパー杯、 4 欧州スーパー杯、2 クラブワールドカップだ。

バルサだけでなく、スペイン代表でもペドロは重要な鍵となった。2010年5月29日に代表デビューし、その年、南アフリカワールドカップで優勝を果たし、 2012年のポーランド、ウクライナでのユーロを制覇した。

上に戻る