fcb.portal.reset.password

Marco Verratti serà baixa en el partit d'anada dels quarts de final / GERMÁN PARGA - FCB

  • PSGは、チェルシーを破って、ベスト8進出を果たした。フランスのクラブチームは、アウェーゴール方式のおかげで(3-3)進出を決めた。

  • PSGには、FCバルセロナの元選手が3人いる。既にバルサと対戦しているこの元選手は、ズラタン・イブラヒモビッチ、ティアゴ・モッタ、マックスウェルだ。監督のローレン・ブランも、1996/97年にバルサでプレーしている。

  • ベスト8の第一レグで、PSGは大きな欠場選手を抱えている。イブラヒモビッチとベラッティだ。累積欠場となる。一方のバルサは、ダニ・アウベスが欠場となる。

  • バルサとPSG は、今季、チャンピオンズリーグのグループリーグで対戦しており、パリの第一戦では、バルサは3−2で負けており、一方、カンプノウでは、ルイス・エンリケのチームが3−1で勝利をあげた。ゴールを決めたのは、メッシ、ネイマールJr、ルイス・スアレスだった。また、PSGは、2年前のベスト16の対戦相手でもあった。

  • バルサ対PSG戦の最も歴史的な対戦は、1997年のカップウイナーズに遡る。バルサはロッテルダムにて、ロナウドのPKゴールで試合を制した。当時のバルサは、ボビー・ロブソンが率いており、両チーム監督のルイス・エンリケとローレン・ブランが選手として参戦していた。

  • PSGが今季、チャンピオンズリーグで参戦した8試合中4試合で勝利をあげ、3回、ドローに終わり、負けたのはたった一回であり、その相手がバルサだった。

  • ローレン・ブランの率いるチームは、13得点10失点であり、その8試合中の最多得点を決めているのは、ウルグアイ人選手の6得点決めているエディンソン・カバニだ。

  • フランスのチームがチャンピオンズリーグのベスト8をプレーするのは、3回目であり、 2012/13 年、 2013/14年から引き続き、進出しているが、決して準決勝に進んだことはない。

  • PSGは、UEFA チャンピオンズリーグに68回参戦し、その内訳は36勝 14 分け 18敗だ。

  • リーグ 1で、PSGは、現在、56得点で2位のポジションにおり、首位のオリンピック・デ・リヨンと勝ち点2点差だ。ローレン・ブランの率いるチームは、金曜日に今節の試合を前倒しで行ない、暫定首位になる可能性を秘めている。

ルイス・エンリケ、抽選について

「とても危険なライバルだ。多大な敬意を払って臨む。既にグループリーグで一勝一敗だった経験がある。その後、チェルシーを破って、大会の優勝候補だと証明している」

「ホームで第二戦をプレーすることは、重要な意味を与えることではない。第一戦でいい結果を得て、私達のファンの前で準決勝進出できるように頑張ることが大事だ」

 

上に戻る