El 3-1 de Messi contra el Milan. FOTO: GERMÁN PARGA-FCB.

ミランを 3-1 でグループリーグ4節目に制した後、バルサは既にチャンピオンズリーグベスト16に入った。今季もまた、スピーディに決めた。過去10回のチャンピオンズリーグのうち、8回は最終節を待たずにグループリーグの突破を決めている。

2節分の余裕

バルサには、グループリーグ突破を決めるのに、二試合分、余計に余った。これが起きるのは、近年、珍しいことではない。2011/12年、 2008/09年、 2005/06年にも同じことが起きた。更にそのうち、最近の二大会に関して言えば、欧州大会を制覇し、チャンピオンになっている。

2004年以来、ここ10年間、バルサは常にこの大会のグループリーグ進出を果たしてきた。それも最終節まで次に進むチケットを手に入れることができなかったのは、 2009/10年のシーズン (最終的には、首位通過し、インテルが続いた) 及び2006/07年 (チェルシーについで2位通過)のみだ。

グループ首位: 9回中7回

グループ突破を手にいれたバルサの次の目標は、グループ内一位を確定することだ。 2007年から常にそうしてきた。9年前から、バルサは16強を逃すことなく、そのうち、7回は、グループ内首位通過を果たしている。