fcb.portal.reset.password

ヘタフェ戦で黙とうを捧げる選手達. FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

バルサは土曜日にカンプノウで行われたヘタフェとの対戦でドロー(2-2)を喫した後、殆どリーグ戦に別れを告げることになった。。ヘラルド・マルティノの率いる選手らは、ラフィータがロスタイムに決めたゴールで試合を終えることになった。「良いシーズンを過ごすことができずに、僕らはみんな参っている。スーパー杯を獲得し、いいスタートを切ったのに、僕らは多くの点で、競争力に欠けた」とチームキャプテンの一人、チャビ・エルナンデスは話した。チャビは、チームが「僕らはふさわしいレベルになかった。悪いシーズンとなった。僕らは自己批判しなければならない」と話した。

「リーグ戦に勝つには、奇跡が必要だ。殆ど不可能と言っていいだろう」とチャビは認め、「多くの点で向上する必要があるし、自己批判しなければならない。来年に向けて充電しなければならない」と話した。

セルヒオ・ブスケッツ:

「決められてはいけないゴールを決められた。チーム全体の責任だ」

「後残っている2試合を最善の方法で終わらなければならない。僕らは世界一のチームにいるのだから」

「来シーズンは今季よりいいことを願っている」

「最近の数週間、僕らはあるべき状態でいなかった。試合は進めてきたが、いつかはこの試合で起きたことが起きることになっていた」

「ボールポゼッションもゴールチャンスも手にしていたが、多くのことをコントロールできなかった」

「リーグは殆ど決まったと同じだ。ほぼ失ってしまった」

マルク・バルトラ:

「もし、100%の力が出せないと、すごく僕らは苦しむ。僕らはあるべきレベルになかった」

「分析し、自己批判し、将来のことを考えなければならない」

「チームのレベルも個人レベルももっとあげるよう、成長しなければならない」

「最初に試合を片付けることができなかったために、ツケを払うことになった」

「僕は選手として成長したが、チームレベルではそれを達成することができなかった」

上に戻る
_satellite.pageBottom();