fcb.portal.reset.password

Xavi, a la roda de premsa. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

[[DES_1]バケーションから帰ってきて、今季最初の公式記者会見に現れたチャビは、ビラノバ退任について、「僕らのキャリアの中でも、最悪の、非常に悲しいニュースの一つ」だったことを認め、そのつらさを思い起こした。

その一方で月曜日から練習を率いているヘラルド・'タタ' ・マルティノについては、 「状況は変わった。僕らは新監督に適応しなければならない。とてもまじめで働き者の監督だし、戦術的に様々なバリエーションがあり、多くのダイナミズムを与えてくれる」と評価し、仲でも「僕らの期待とやる気は変わらない。僕らは彼に適応するように努力するし、彼も僕らに適応するように同じ努力を払うことだろう」とコメントした。

約束されているスタート

このような状況にも関わらず、チャビ・エルナンデスは、バルサが成功への道を歩み続けていると話す。「チームは非常によく働いているし、歴史を作り続けていきたいというやる気であふれている」と説明し、「感触はいいし、タタ・マルティノの勝者の性格が僕らに伝わっている」と付け加えた。感触は良いよ。タタ・マルティノが、勝者の性格を持っていることが僕らみんなに伝わった

また、新監督について更に「とても謙虚で仕事にまじめで全てに適応できる性格を持っている。常に全てと合意に達っしようという姿勢がある」と評価した。また、バルサの‘6番’は、「シーズンの最後に無意識のうちに僕らが失っていた強度を取り戻そうと努力している」と話し、それが監督の欲している一番のプライオリティだと説明した

違いを生み出すネイマール

また、ロッカールームに新たに加わった世界的なクラック、ネイマールについては、いわく「彼はその得点力と相手のバランスを崩す力で、違いを生み出すことを運命づけられているサッカー選手」であり、唯一、願うのは、「ブラジルとブラジル代表で証明してきたように、ネイマールが自分自身であり、そのパーソナリティを出せるように」ということだと話した。ブラジルで証明してきたように、ネイマールが自分自身であって、そのパーソナリティを出せるように願っている

逆にロッカーからいなくなったティアゴ・アルカンタラについては、彼の幸運を願い、必ず、成功するだろうと信じて疑っていないと話した。「もし、彼が道を間違えたとしたら、すぐにそれが見えるだろう。彼は素晴らしい才能を持っているし、どこでプレーしても成功を収めると思う。将来性のある選手を僕らは一人失った」と評価した。また、移籍が噂されているセスクについては、「落ち着いて見えるし、グループと一緒にモチベーションにあふれて練習している。これ以上、話すことはない」と答えた。

ラマジェッツの思い出

バルサのユニフォームを着て誰よりも長くプレーしているチャビ・エルナンデスは、アントニ・ラマジェッツの死を悼み、5冠時代のシンボルだったラマジェッツを「伝説だっただけに、悲しい日となった。金曜日のガンペル杯で彼を悼み、みんなが彼のことを思い出せるようなプレーをしたい。彼は僕らの指針だった」とコメントした。

上に戻る