fcb.portal.reset.password

チャビイ・エルナンデスは自身25つ目となるタイトルとしてスペインスーパーカップのトロフィーを掲げた(写真:ミゲル・ルイスーFCB) / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

チャビイ・エルナンデスが去る水曜日、自身通算25個目(うち22はFCBでのもの)となるタイトルを獲得、スペインサッカー界で最多の数を誇る選手となった。タラッサ出身の選手は、スペインスーパーカップの通算出場時間を1162分、試合数を14とし、いずれも最多の数字を記録。試合数についてグアルディオラ、アモールという歴代所属選手と並んでのトップとなった。

チャビイはこれで6度目のスペインスーパーカップ制覇。これは元所属選手のチキ・ベギリスタインやバケーロを凌ぐことになる。なおチームメイトのビクトル・バルデス、プジョル、イニエスタも同タイトルを6度制している。これに続くスーパーカップ5度の優勝を経験したところでは、元レアル・マドリード所属のマノーロ・サンチスがいる。

以下、アトレティコ・マドリード戦でのその他のデータ

−FCバルセロナのボール支配は74・8%、一方のアトレティコは25・2%だった

−バルサは766回のパスを仕掛け、うち666回で成功。一方のアトレティコは247回だった

−バルサ選手で最もボールを受けたのはダニ・アウベスの113回。続く2位はチャビイで107回

−アウベスは相手からのボール奪取数10回、逆に失ったのは17回でともに最多

−バルサの選手で最もドリブルを仕掛けたのレオ・メッシで11回

−バルサはアトレティコ・マドリードから26回のファールを受けた。反対のパターンは9回

上に戻る