fcb.portal.reset.password

Les passades de Xavi Hernández durant el partit contra l'AC Milan. FOTO: FCB

バルサ-ミラン戦 が残した興味深いデータや統計の数々は、こちらから。

チャビ・エルナンデス は、チャンピオンズリーグ最多出場ランキングで3番目の選手となった。パウロ・マルディニの140試合を超えて、141試合に参戦している。チャビを超えるのは、ライアン・ギグス (147) とラウル (144)のみだ。


 • ルティノがACミランの対戦で起用したイレブンは、サン・シロのスタメンと同じ(1-1)であり、また、レアル・ソシエダ戦(4-1)との顔ぶれと酷似していた。


 • ブスケッツは、水曜日にACミランを相手に10ゴール目をマークした。 リーグ戦で5 ゴール、チャンピオンズで4 ゴール、クラブワールドカップで1ゴールを決めている。 アスレティック・クラブには2ゴール決めている。

 • バルサの'16'番は、また、ACミランを相手に最もボールを多く奪い返した選手だった (15)。 ブスケッツに続くのは、マスチェラーノとアドリアーノだった。 (両者とも 10回)。


 • 最も、パスを多く出したのは、チャビ・エルナンデス (146) であり、それに続くのがブスケッツ (91)だ。 また、チャビは最も多くの距離を動いた選手でもあり、その距離は 11.410mだ。


• 更に ブスケッツ は、バルデスをべつにして、フィールドプレーヤーの中で最近の試合では、もっとも多く連続スタメンを手にしている。バルサのミッドフィルダーは、最近、6試合連続スタメン出場を果たしている。


 • FC バルセロナは今季、 18試合中9試合で3ゴール以上を決めている。


AC ミランは、レオ・メッシにとって欧州におけるお気に入りの犠牲者となった。メッシは、ミランを相手に8ゴールをマークしている。アビアティは7失点を受けて、メッシの最多ゴールを受けている。


 • メッシは、バルサーアヤックス戦(4-0)以来、ダブルゴールをマークしていなかった。その試合では、ハットトリックを決めた。


アレクシス・サンチェスは、イエローカードを受けたため、アヤックス・アムステルダムでの5節の試合は欠場する。セスクは後1枚で累積警告を受ける。


 • ミラン戦は、今季、2番目の最多観客動員数を記録した。観客数は、 80.517 人で、この入場者数を超えたのは、マドリードとの対戦、クラシコの日のみだ (98.761人)。

上に戻る