fcb.portal.reset.password

Els jugadors del Barça ha compartit una estona amb els nens i nenes de Palestina / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

 ドゥラがこの‘ピースツアー’の舞台となった。選手及びスタッフコーチが全員揃って姿を見せたその場所に、通常、テレビでしか見ることのできないスター選手が集結した。ベレンで証明したように、パレスチナのサポーターは、選手の練習を注意深く、見守った。

公式戦さながら

まるで、カンプノウでプレーしているかのように、全選手はファーストユニフォームを着て、'Cant del Barça' (バルサのクラブソング)がスピーカーで響く中、ピッチに降り立った。カタルーニャ語で‘ようこそ’のことばがあり、チームはまるで、ホームにいるかのように感じた。スピーカーが名前を呼ぶのに合わせ、一人一人が人工芝のピッチに現れた。

VIP席にも、公式戦さながら、サンドロ・ロセイ会長をはじめ、ジョセップ・マリア・バルトメウ、ハビエル・ファウス、ジョルディ・カルドネル副会長が姿をみせ、パレスチナサッカーの総責任者Jibril Rjoub氏と共に、一列目に並んだ。

最初の30分間、タタ・マルティノが率いる選手は、パレスチナサッカーアカデミーの40人の子供達と一緒に、様々なトレーニングを行なった。8歳から12歳の男女の若いサッカー選手達は、ファーストクラスの選手らから、直接、指導を受けられたのだった。パレスチナの子供達とのふれあいの後、トップチームは、軽い練習を行なった。その練習を始まる前に、この一風変わったスタジアムに集まったファンに挨拶するために、スタジアム内を1周してみせた。

観客は、アイドルを目の前にして、喜び、特に、レオ・メッシには大興奮を示した。カメラのフラッシュと形態電話のフラッシュが、スタンドからスタジアムを明るく照らし出した。ピッチ上には、200人以上のジャーナリストがこのセッションを追い、‘アラブ・アイドル’というコンクール番組で優勝し、若者の間では、国のアイコンと化したムハマッド・アサフも参戦した。

上に戻る