fcb.portal.reset.password

La parada miraculosa de Valdés al camp del Betis. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

リーグ戦の13節を終え、ビクトル・バルデスは、リーグ戦で誰よりも失点の少ない選手だ。失点数は8だ。また、同時にそのセービングのパーセンテージの高さは、リーグトップ(84%)で、ゴールに向かって放たれた50回のシュートのうち、42回をセーブしている。

それ以上にセーブしているGKには、ケイロール・ナバスの63回(レバンテ)、エステバンの56回(アルメリア)、モヤの55回(ヘタフェ)などがあるが、三人とも失点数もずっと多いのが異なっている点だ。

GK  失点  セーブしたシュート数
セービング%
ビクトル・バルデス  (バルサ)
8 42 84%
ロベルト (グラナダ) 13 52 80%
ミゲル・アンヘル・モヤ (ヘタフェ) 14 55 79,1%
ケイロール・ナバス  (レバンテ)
17 63 78,75%
ウイリー・カバジェロ  (マラガ) 19 54 73,97%
ティボー・クルトワ (アトレティコ)
9 24 72,73%
クラウディオ・ブラボ  (R.ソシエダ)
17 41 70,69%
ジョエル (セルタ)
18 43 70,49%
ゴルカ・イライオス  (アスレティック・クラブ) 11 26 70,27%
エステバン (アルメリア)
24 56 69,23%
ディエゴ・マリニョ  (バジャドリード)
20 46 69,23%
ディエゴ・アルベス (バレンシア)
12 27 69,23%
ディエゴ・ロペス (マドリード)
17 38 69,09%
セルヒオ・アセンソ (ビジャレアル) 13 27 67,5%
マヌ・エレラ  (エルチェ) 17 35 67,31%
ギジェルモ ・サラ (ベティス) 15 26 63,41%
キコ・カシージャ  (エスパニョール) 18 30 62,5%
ベト (セビージャ)
24 38 61,29%

*データ提供は OptaSports

神がかりてきなセービング

ベティスのスタジアムで、最後に起こなったビクトル・バルデスのすーバーセービングは、再び、チームを救った。試合がまだ、0-0だった時、フアン・カルロスの放ったヘディングシュートをセーブしたバルデスだが、それは最近、始まったことでhない。シーズンの最初から、バルサの‘1番’は、それだけの評価を得るに値する素晴らしい活躍を見せ続けてきた。

第二節のマラガで バルデスは、ぎりぎりのところでドローを避けた。また、その後、ラヨのスタジアムでも、トラショラスが0-1の時点で放ったPKを止め、また、アルメリアでも、スコアが同じ状態だった時、ロドリが1対1で放ったシュートをセーブした。

リーグ戦において、中でも、最もその精彩を放ったのは、クラシコの試合の最中で、0-1でハーフタイムを迎える寸前に、ケディラが放った見事なシュートを止めたことだろう。後半がスタートしてからも、クリスチャン・ロナウドのシュートをその神がかったハンドで止め、ドローになるのを防いだ。まさに鉄壁だった。

上に戻る