fcb.portal.reset.password

PKを止めた後、抱き合って喜ぶバルデスとピケ / FOTO: GERMÁN PARGA-FCB

レオ・メッシ は、ハットトリックを決めて、アヤックスとの試合(4-0)の翌日、あらゆるメディアの表紙を飾ったが、同じような重要性を持った主役がこの試合にいた。ビクトル・バルデスだ。

• バルデスは、アヤックス戦でPKも含め、7回のセービングを行なった。今季、最高の成績だった。

バルデスが最後にPKを止めたのは、2012年11月25日のレバンテ戦だった。 その日、バルサは試合に0-4で勝った。

バルサは、今季、プレーした7試合中4試合を無失点で終えている。今から1年前、10月25日、チームは4試合連続無失点記録を持っており、今季はその一か月前に達成した形になる。

• ピケのゴールで、今季は既に8人もの異なった選手がゴールを決めていることになった。ピケは、ヨーロッパでは、  2010/11年のシャフタック・ドネツク戦 (5-1)以来、ゴールを決めていなかった。

アウベスとアドリアーノは、アヤックス戦で最もボールを取り返した選手になった。 それぞれ、11回と10回、取り戻した。

マルク・バルトラは、アヤックス戦で、今季、最初のプレー時間を過ごした。 ジェラルド・ピケに代わって入った。

• ピケが交代した後、 今季、全試合でフル出場を果たしているのは、バルデスとマスチェラーノのみになった。

• チャビは、チャンピオンズリーグで  2011年11月1日以来、久々のベンチスタートだった。その試合は、バルサがビクトリア・ピルセンでプレーした試合だった。

今回のハットトリックで、メッシは今季、9ゴール目を決めた。最近の3試合で3ゴールをマークしている。

• アヤックス戦の観客数は 79.412人で、今季、最高の入りとなった。レバンテ戦、アトレティコ・デ・マドリード戦、セビージャ戦も、観客数は。7万人を超えている。

上に戻る