fcb.portal.reset.password
Kluivert i Luis Enrique celebren un gol

Kluivert i Luis Enrique, en un partit amb el Barça / FOTO: ARXIU FCB

ルイス・ファン・ハールとパトリック・クライファートはルイス・エンリケのアスルグラナ選手時代でともに戦った仲間。年月が経ち、現在はオランダ代表を率いている2人は、アストゥーリアス出身の元選手が今回監督として新たな挑戦をするのに賛同の意思を示している。

ファン・ハールからみてルイス・エンリケは“情熱的で知的”

オランダ人監督は自身2度のFCバルセロナ指揮時ともにルイス・エンリケと共闘した。ファン・ハールは選手としてのルイス・エンリケを覚えており、その新たな挑戦についてこう話している。「ルイス・エンリケは重要な選手だった。常に10番のポジションでプレーし、それは私にとってバルサのシステムの中で最も重要なポジションだった。彼はバルサでたくさんのゴールを決めた。人間としては情熱的で、知性的。バルサにとっての監督になることができる。いつでもそうだが時間が必要になるのかもしれない。しかし一つの良い選択だと思う」。

クラファートは将来の成功を確信

元所属選手はルイス・エンリケをチームメイトとしていくつもの試合を戦っており、クラブの助けになれる存在として全幅の信頼を寄せている。「彼のことを思うとうれしいし、ここから祝福の言葉を送りたい。彼はセルタの監督を務め、ローマでも良い仕事をした。今のバルサはもしかするとルイス・エンリケのキャラクターが必要なのかもしれない。彼が勝利を掴むと確信しているし、バルサの感情を伝えてくれるだろう。彼は選手時代がそうだったよう

上に戻る