fcb.portal.reset.password

Xavi, decebut / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

FC バルセロナは、バジャドリードで今季、リーグ戦で4度目の黒星を喫した。今週の土曜日の負けは、今まで以上に痛みを伴うものだった。暫定首位になるチャン スを失い、チームがリーグ優勝するのに、自分達次第だという状況が変わる可能性を含んでいるからだ。ファウスト・ロッシが前半16分に決めた唯一のゴール が、足元の重かったバルサにのしかかった。失望はあまりにも大きかった。

ロッシのゴール

ヌエボ・ホセ・ソリー ジャに、FCバルセロナはボールを支配する強い意志をもって飛び出した。だが、バジャドリードの強度がそれを阻んだ。試合の最初からバルサを苦しませた ホームのチームは、最初の25分、バルサよりも多くのチャンスを生み出し、その中の一つは、ファウスト・ロッシの足元に落ちた。PKエリアの側からそれを 放ったロッシが試合を1-0にした。

FC バルセロナは前半の終盤、向上し、レオ・メッシ、セスクはシュートを続けて放ったが、あまりにも中心に打ち過ぎ、マリーニョのセーブにあった。試合の最初 に比べてスピードを増し、秩序だったプレーをしていたバルサだが、先制されたまま、ハーフタイムを迎えることになった。だが、最初の30分に呈した良い感 触がまだ残っており、バルサはもっとできると感じられた。

後半、前半よりもよくなった態度で試合はスタートし、メッシとネイマールJrは、 それぞれ、試合をドローにするチャンスを手にしたが、その望みはかなわなかった。FCバルセロナは、チャンスを生み出しながらも、サイドアタッカーとも トップ下のメッシともアレクシスの偽‘9番’ーセスクに代わって入ったーとも、うまく結びつくことができなかった。

バルサにはアイディアと深みが大きく欠けていた。グラウンドでプレスをかけて、その欠点をバジャドリードは生かし、特にカウンターアタックで攻めた。プセラでチームはリーグ優勝から一歩、後退することになった。

上に戻る