fcb.portal.reset.password

ゴールを祝うセルジ・ロベルトとメッシ / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

FCバルセロナは、 2013/14年二回目のプレシーズンマッチをバレレンガを相手に行ない、快適な勝利を収めた。. アレクシス、テジョ、メッシ、ドス・サントス、ドンゴウ  (2)、ジョアン・ロマンが得点し、水曜日にミュンヘンで黒星を喫した試合 (2-0)後、大勝勝利をあげることができた。新監督タタ・マルティノは、ウレバアル・スタディオンのVIP席から試合を見守った。

最初の15分

バルサのスタートは圧倒的だった。最初の15分で試合は殆ど片付いてしまった。レオ・メッシがアレクシスの先制点とテジョのゴールをアシストし、正面からシュートを決めて、3得点目の主役となった。メッシは0-4にする寸前だったが、GKが死守した。だが、ドス・サントスが褒章を手にして、ハーフタイム前に4点目を決めた。そこでのアシストはアレクシス・サンチェスの芸術作品だった。

アレクシス-ドンゴウコネクション

完全に顔ぶれを変えたミュンヘンでの試合とは異なり、バルサは後半、3人を交代させ、オイエル、サンペル、ドンゴウが入った。ドンゴウは後半最初の主役となった。 ドンゴウはバルサの5得点目、6得点目を決めたが、その両方をアシストしたのは、再び、アレクシス・サンチェスだった。

その後、バルサは残りのスタメンを変えて、バルサBでチームを編成した。最後にジョアン・ロマンが87分にゴールを決めて、試合は終了したタタ・マルティノがトップチームの指揮を執る前に、選手が自身を取り戻すための最高の勝利となった。

上に戻る