fcb.portal.reset.password

Valdés, durant la roda de premsa / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

レバンテとの対戦 7-0 の試合は、完璧に終わった。ビクトル・バルデスにとっても、それは同じだった。バルデスは、必要とされた時にアクションを起こし、それはピッチで全選手がプレスをかけたのと同じくして、スペクタクルなものだった。月曜日の記者会見に現れたバルデスのコメントは、以下の通り。

・開幕戦のプレー内容について

チームが最初の1分から集中しているのがわかった。今は、ずっと高い位置で守っているから、それが早くボールを奪い返すことにつながり、対戦相手のゴールに向かってのカウンターオプションを増やしている。試合がこのように運ばれたことに満足している」

「僕らは、監督が望んでいたことをした。監督は、ボールを取り戻したらすぐにゴールを決めて欲しいと望んでいたし、実際、メッシがボールを奪ってからすぐにそうなった」(3-0のアウベスのゴールを指している)

・7-0の結果

「この結果がリーグの対戦相手に向けた、はっきりしたメッセージだ」

・以前のゾーンディフェンスからマンツーマンディフェンスに変わったことについて

「僕は、個人的には、今のやり方の方が好きだ。それぞれが自分の責任を負い、キーパーにはより自由が与えられるから」

・アトレティコ・デ・マドリードその他
「アトレティコは、集中力の高いチームだ。セビージャとの試合でも、とてもタフなライバルであることを証明した。彼らとの試合(スーパーカップ)は、現在のバルサにとって、新たな試練になるだろうが、きっとうまくいくだろうと僕は信じている」

「いつも、バルサとマドリードばかりが話題になるが、ベティス、セビージャ、アトレティコやバレンシア・・・このリーグは、常に競合がいる。どのスタジアムでも、簡単には勝たせて貰えないだろう」

上に戻る