fcb.portal.reset.password

Valdés, amb Martino, aquest matí. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

バルサのトップチームが全員揃った初日、ビクトル・バルデスが記者会見場に姿を現し、新監督、タタ・マルティノから受けた印象を勝った。

「監督と僕らは話をしたが、ちょっとしか知り合っていないにしても、彼だけでなく、そのスタッフコーチも含めて、その人となりが見えた。この大きなプロジェクトを手にして、とても期待し、やる気に満ちているのが伝わったし、とても近しいタイプだ。彼のカラーをdしながら、僕らが勝つのに飽きたりしないように期待している。彼が来たことは、チームにとってとてもポジティブだと思う」とその最初の印象を話した。監督と僕らは話をしたが、ちょっとしか知り合っていないにしても、彼だけでなく、そのスタッフコーチも含めて、その近しい人となりが見えた。

同時に、ティト・ビラノバについても話、「今回のニュースは決して届いてほしくなかったニュースだった。もう、病気が完治したことも、とてもつらい時間を過ごしたことも知っていた」と話し、「余りにも大きいつらい不運だし、大きすぎる打撃だ。僕らは、彼に頑張って治して欲しい、彼が日々、戦わなければならない、個人的なその試合に打ち勝つことに集中してい欲しいと伝えた。僕らは、彼がきっとそれを克服すると信じている」と付け加えた。

特別な一日

シーズンは始まったばかりだが、バルデスにとっては通常とは異なっていることをバルデスは話した。「僕にとっては、何よりも特別な一年になる。僕の最後の年だから。これは個人的なテーマだけれど、僕は今まで通り、少しでも向上したいと思っているし、それに集中している。僕はスポーツ選手として、自分を超えたいし、今までもしてきたように、クラブの為に全力を尽くしたい」と話した。

ネイマール・ダ・シルバと共に過ごすことについては、バルデスは、コンフェデレーション杯で、「スペクタクルな選手で、本当に驚かされた」と認めた、レオ・メッシとの攻撃タンデムについての意見は、明快だった。「偉大なクラックは、常にお互い、うまく適応してきた。二人の組み合わせは、彼らの性格やプレースタイルを知っていれば、ポジティブなことしか、想像できないよ」とコメントした。

上に戻る