fcb.portal.reset.password

Valdés, en el partit d'aquest dimecres contra l'Ajax / FOTO: GERMAN PARGA - FCB

ビクトル・バルデス は、再び、試合の主役の一人となった。今週の水曜日、何度となく、その見事なセービングでチームを救い、主役になった。ただ、セーブしたのみならず、あげくにペナルティも止めて見せた。「僕らはうまく守ることができた。僕は止められるものは、止めようとやってみた」とバルデスは話した。

彼の調子がいいのも確かだが、別途に、バルデスは勝利の価値についても強く主張した。「この試合に勝ってから家に帰ることはとても大事だ」「このチャンピオンズリーグをとれたらすごく嬉しい。是非、勝ち取りたい。これがバルサと共にこの大会を戦う最後だとわかっているから」とFCバルセロナの‘1’番は付け加えた。「人々が僕に示してくれる支えに僕はとても感謝している。それが更に僕に自信を与えてくれるんだ」と話した。

他の選手のコメントは以下の通り。

セスク

「僕らが向上しなければならないプレーの場面があった。僕らは一生懸命、よくやっているし、結果はよいものだ。誰もが卓越したプレーを欲している。近いうちに見せられると思っている」

「もし、カウンターで攻められるチャンスがあるなら、それを利用しなければ損だ。僕らは多くのプレーオプションを学んでいる。監督が望むように試合を読めるようにならなければならない」

「僕は多くのポジションでプレーしたし、実際、とてもやりやすく感じている。フィジカル的にも調子がいいし、それが何より大切なことだ」

ピケ

「シーズンはまだ始まったばかりだし、チームは自信をつけてきている。僕らは正しい形で、いいリズムにのってきている」

「90分間、続けてハイレベルでプレーできるようになった時、人々はチームに全幅の信頼を置くだろう」

アドリアーノ

「後半の方が前半よりポゼッションが増えたし、そのおかげで最後の方はもっとコントロールできた」

「アヤックスのプレースタイルが、少し、僕らは苦しめたが、最終的にはうまくいった」

「チームに疑問点はない。僕らは他の試合で犯したミスをいくつか直してきた」

練習は木曜日

チームは再び、木曜日の11時からジョアン・ガンペル練習場でトレーニングを行なう。セッションはシャットアウトで行われる。

上に戻る