fcb.portal.reset.password

バルサとデポルがここまで最後に対戦したのは2012-13のこと / FOTO: FCB

2部リーグがまもなく終了するところまで来ており、エイバルとデポルティーボ・ラコルーニャが直接1部へ昇格する2チームとなった。ともにトップレベルの歴史を持つチームだが、デポルは近年の1部リーグの常連となっており、エイバルは初の昇格によりトップリーグでプレーすることになる。

“エレベーター”チーム

最近4年でデポルティーボは4度にわたりカテゴリーを変えている。2011年と2013年に2部リーグに転落したが2度とも翌年には1部再昇格を果たしている。ガリシア地方のチームはシーズンが進むごとに調子を上げ、先週末リアソールでのハエン戦に1−0で勝ち昇格を決めた。フェルナンド・バスケス監督が率いるデポルは昇格だけを目標にしたチームを構成、ベテラン選手と若手がミックスされている。

ここまで最後のデポルティーボとバルサとの対戦は2012/13シーズンのこと。クレスはリアソールで4−5、カンプ・ノウで2−0と連勝した。アウェー戦は伝統的にアスルグラナにとって難しい対戦になることが多く、42試合で1510分け17となっている。

スモールクラブの1部初参戦

エイバルは今シーズンの2部リーグで大きなサプライズとなった。バスク地方のチームは長いあいだ国内第2カテゴリーの常連となっていた。1987年から2006年の18シーズンに渡り2部で戦っていたが最近8シーズンは2部Bリーグへ降格していた。ところがそれほど注目されることなくエイバルは1部の新たなチームとなった。これまで戦ったことがなく、彼らにとって未知のカテゴリーになる。

人口2万7500人のエイバルは来シーズン、ルイス・エンリケのバルサが訪れる場所の一つとなる。アスルグラナは収容人員は5000人をわずかに越えるほどのスタジアム、イプルアへ初めて向かうことになる。

1部昇格枠はもう一つ

2部リーグはあともう1節残っており、エイバル、デポルとともに1部に昇格するもう1チームが今後決まる。上記2チームと3位ながら昇格権のないバルサBを除く上位4チームが残る1枠を争ってプレーオフを戦う。

上に戻る