fcb.portal.reset.password

 

ヘラルド 'タタ' マルティノ は、再び、ジョアン・ガンペル練習場でトレーニングセッションを行なった。全選手を手元に、バルサは公式開幕デビュー戦を前に準備を行なうことができた。カンプノウにて明日の19時から、レバンテを対戦相手にして迎えることになる。今日、全選手を数えることができたタタ・マルティノの支配下にいる選手には、医師からの了承を得たペドロ、違和感を引きずっていたメッシとセスクなども含まれた。

また、カルラス・プジョル も練習場でセッションを終えた。キャプテンは、リハビリコーチのフアンホ・ブラウと共に、芝の上でのセッションを積んでおり、最終調整に入っている。プジョルは、昨シーズンの終わりに膝の手術を行なった。

チームは明日、日曜日の午前中、11時半からカンプノウに集まる予定だ。それが今季、公式開幕戦前の最後の練習になる。招集リストに入った選手は、プリンセサ・ソフィアホテルで試合前まで休むことになる。

新顔を含めた選手招集リスト

ヘラルド‘タタ’マルティノ は、今季最初の招集リストに含まれる選手18人を発表した。新顔として、セルジ・ロベルト、モントヤ、ドス・サントス、オイエルが加わった。

レバンテ戦招集リスト:

バルデス、ピント、アウベス、ピケ、ジョルディ・アルバ、マスチェラーノ、アドリアーノ、バルトラ、ソング、セルヒオ・ブスケッツ、セスク、チャビ、イニエスタ、ペドロ、テジョ、ネイマール、アレクシス、メッシ


上に戻る