fcb.portal.reset.password

Iniesta, Cesc i la resta de la plantilla feliciten Valdés per la seva paternitat / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

トップチームは、グラスゴーから帰った後、直接、練習場に向かい、リハビリトレーニングを行なった後、木曜日の午後、再び、練習に戻った。このトレーニングには、全選手が参加し、また、キャプテン、カルラス・プジョルも、グループ練習に加わって、トレーニングを行なった。

7戦7勝とリーグ戦で首位を走っているバルサの選手は、今週の土曜日(22時)の次の対戦相手、バジャドリードを見据えながら、トレーニングを行なった。また、練習場では、負傷選手、ハビエル・マスチェラーノ、メッシ、ジョルディ・アルバもリハビリ練習を行なった。

また、練習が始まる前に、全選手が揃って、ビクトル・バルデスが父親になったことを祝福した。

練習後には、先日のセルティック戦で、チャンピオンズリーグのスタメン初デビューを果たしたマルク・バルトラがメディアを前に記者会見を行なった。

「僕自身、自信を感じている」

「物事がうまく運んでいることにとても満足している。最も大事なことは、このレベルをキープすることだと思う」

「タタ・マルティノは、僕をスタメンに据えるのに、一瞬も迷わなかった」

少しずつ、愛されているんだなと感じている。彼ら(トップチームの選手)と一緒に、約2年間、一緒に競合してきているが、多くのアド場オスを貰ている。この世界最高峰の偉大な選手達から、僕は多くを学んでいる。彼らをよく見て、学び続けていかなければならない

「僕は、自分に全てを与えてくれたこの家(バルサ)に12年間いる。もっと何年もいられることを願っている」

最も大切なことは、練習し、いいプレーをすることだ。その後、何が起きうるかは考えない」

「僕らはプジョルとマスチェラーノができるだけ早く回復して欲しいと思っている。多くの選手がいて、競合があればその分、僕らは強くなる」

上に戻る