fcb.portal.reset.password

ビラノバとアビダル、22回目のリーグ優勝杯と/ FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

バルセロニズムは、今日、サッカー界、スポーツ界を揺るがした、その歴史の中でも大きな打撃を伝えるニュースを受けた。フランセスク・‘ティト’ビ ラノバ・イ・バヨ(ベルカイレ・デ・エンポルダ 1968/09/17 - バルセロナ 2014/04/25)、すべての人々に敬意を受け、愛されていた人物が、45歳でこの世を去った。 病魔に打ち勝てず、昨年の7月にトップチームのベンチを去ることを余儀なくされていた。

ティト・ビラノバは、2012 /13年の勝ち点100点を得て、FCバルセロナの最高のリーグ戦を戦ったチームを率いた監督だった。 また、最高のバルサ時代を築いた際には、第二監督として貢献していた。身近で彼を知っていた者やサポーターには監督として、また、人生最後の数年間を個人 的に戦うその姿に敬意を受けていた。

ジョセップ・マリア・バルトメウ会長は、哀悼の意を述べ、全フロント陣の分かち合った。「ティト・ビラノバ、人としての指針であり、サッカー的指針でもあった。私達に教えてくれた全てに感謝したい。安らかにお眠りください」とSNSで表現した。

FC バルセロナは、ティト・ビラノバのご遺族、奥様のモンセさん、ご息女カルロタ、ご子息でバルサのフベニルBの選手であるアドリアくんに無条件の援助を提供します。

バルサの指針

ビ ラノバは、監督として、また、人としては、勇敢かつ正直で、疲れを知らない働き者であり、また、完璧主義で、整然としており、実用的かつ直感的な性格を有 しており、何より、クラブと自分自身に非常に忠実な人物であった。これは、多くの彼の友人やロッカールームでの仲間、ジョルディ・ロウラやアウレリ・アル ティミラがビラノバを定義したことばである。

ティト・ビラノバがクラブと結びつきを持ち始めたのは、15歳の時であり、入団試験に受かり、UE フィゲラスから1984/85年にフベニルカテゴリーに入った。

初めてラ・マシアに入った時は、16歳になったばかりだった。マシアには 1989年6月30日まで住んでいた。 マシアで、その後、バルサの監督として成功と喜びを分かち合うことになるグアルディオラやジョルディ・ロウラ、アウレリ・アルティミラなどとの友情を育んだ。

‘エ ル・マルケス’(‘貴族’の意)がその当時、つけれれたあだ名だった。ティトは背が高く、技術的に非常に優れたミッドフィルダーであり、FKを蹴るのがと てもうまくプレービジョンがあった。バルサの選手としては、ティトは1989年にトップチームで2試合、親善試合に参戦したが、その後、フィゲラス、セル タ、バダホス、マジョルカ、レリダ、エルチェなどでプレーし、最終的にグラマネットで選手として引退した。

監督としてのビラノバは、分析に長け、頭脳的かつ客観的で、ジェスチャーなどは内に秘めるタイプだった。彼の隣にいる監督たちは、戦術において天才的だと評価していた。、

FCバルセロナで監督としてのキャリアを2001/02年の途中からカデテBを率いてスタートした。その当時、率いていたチームには、ジェラルド・ピケ、セスク・ファブレガス、レオ・メッシなどがいた。その後、パラフルゲル、フィゲラス、テラサなどを率いた。

その後、再び、2007 /08年にグアルディオラの助手として戻り、バルサ・アトレティックを共に率いて、チームを3部から2部Bへ挙げた。

ど の翌年、グアルディオラ―ティトのタンデムがトップチームを率いて、トータルで4年間のあ代に14ものタイトルを制覇した。このチームは世界のサッカー史 に名を残し、2009年には、チャンピオンズリーグ、スペインリーグ、国王杯、欧州スーパー杯、スペインスーパー杯、クラブワールドカップと6冠を制し た。

トップチームの最高責任者

2012年4月27日にティト・ビラノバは、ペップ・ グアルディオラから引き継ぎ、FCバルセロナの新監督として任命された。 クラブのスタイルを継続させるためのアンドニ・スビサレタ強化担当による賭けであり、当時の会長サンドロ・ロセイ及びフロントの指示を受けて、任務につい た。

結果が、この賭けの成功を表現した。素晴らしい内容のサッカーにより、忘れられない勝ち点100のリーグを手に入れ、完璧なリーグと呼 ばれた。バルサはリーグ戦の最初の節から最終節まで、首位でい続けて、獲得可能な勝ち点114点のうち100点を手にし、レアルマドリードが 2011/12年に手にした記録と並んだのだった。また、バルサのチームは、38節で115ゴールをマークし、少なくとも全試合で1ゴール以上を決めると いう記録も獲得した。

最終的に32勝4分け2敗の成績を収め、二位のレアルマドリードに勝ち点15点差をつけてリーグを制したというこの データは、ティト・ビラノバのFCバルセロナにおける 2012/13の仕事を以下に遂行したかを表現するに十分だった。22回目のリーグ優勝杯をティトとアビダルが持ち上げた瞬間は、永遠に記憶に残るだろ う。チームはチャンピオンズリーグと国王杯の準決勝まで進んだが、決勝には進出できずに終わった。

その成功とそれを認める声は、すぐに個人 賞という形で訪れた。マルカ紙、エル・ムンドデポルティーボ紙は、それぞれ、2013年の最優秀監督賞を与えた。元バイエルン監督のジュップ・ヘンクスが その授賞式でティトに賞を与え、スビサレタがそれを受け取った。スピーチでヘインケスは、ティト・ビラノバの実力を認め、心を打つメッセージを送った。 「ティトと共にチームは他の年同様に、素晴らしいプレーを行なった。ティトはサッカーにおいて素晴らしい戦略家だ。非常に働き者で、内向的で勇敢であり、 選手と直接、そして頻繁な付き合いを持っている。人の持つポジティブな価値観を手にしている。彼は見本として、ただ、スポーツの世界にとどまらず、世界一 般にそのエレガンスさを持って伝えられるものだ。あなたに見合う最大の幸運を願っている。あなたはスポーツにおいて、人生においてのチャンピオンだ」

残 念ながら、2011年11月22日に公表された病は、彼が人生を捧げたチームをずっと率いていくという夢を砕いた。2012/13年の間は、完全に従事す ることをあきらめなかったが、その翌年の最初に、監督として離れることを余儀なくされ、2013年7月19日にその旨を発表した。

バルサは永遠にティトとその歴史を記憶に刻み、忘れることはないでしょう。いつまでも、永遠に。

ご冥福を祈ります。

上に戻る