fcb.portal.reset.password

Tito Vilanova, aquest dimarts en roda de premsa. FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ティト・ビラノバが2013/14年シーズン最初の記者会見を行なった。そこでのティトの興味深い発言を10フレーズにまとめて、紹介する。

1.バルサを率いる可能性を手にしたというのは、素晴らしいことだ。私は決してこの仕事で苦しまされたことはない。常に楽しんでいるよ」

2.メッシは素晴らしい状態で帰ってきたよ。以前よりも休みがもっととれた。実際、十分休んだから、試合に出場したこともこたえなかったし、非常にいい状態だとみたよ」.

3.私がニューヨークに二日、行った時、グアルディオラとは会ったよ。だが、私が手術をした時は、会わなかった。人々はだからといって気にしない。だが、病人はそうではない。つらい思いをしたのは私だ」.

4.シーズン最後の2週間、私はスタッフと集まり、どこが悪かったのか自己批判をしていた。批判に値することはあったし、私達は向上しなければならないと確信している」

5.ネイマールを手にできて、私はとてもとても満足しているよ。メッシと理解しあえるかって?二人とも偉大な選手なんだ。一人は世界一の選手だ。それも歴史に残るね。そして、これから偉大な選手になろうとしている選手が私達の仲間に入ろうとしている。二人がピッチ内で理解し合うのは、全く問題ではないだろうよ」

6. 「セスクが多くのオファーを受けていることは十分、承知している。だが、彼はここで成功したいから、ここに残りたいんだ。ファブレガスは、彼に自分に競合がいるのもわかっているが、彼の夢は常にここで成功することだし、私は落ち着いている」

7.ルビは数年前から知っている。彼は私達の多大な助けになってくれる。 私は対戦相手を分析するのに多くの時間を割いてきたが、(ルビがその仕事をしてくれることで)もっと、チーム に時間を割けるだろう」

8. 「ティアゴ・シルバは、チームの補強をするための一つのオプションで、数年前からクラブに入って欲しいと望んでいた選手だ。もし、彼を補強できないなら、他の選手が来ることになる。 センターバックの補強を意図していることに変わりはない」

9.マスチェラーノは理想的な選手だ。センターバックとして適応しただけでなく、ボランチとしてもプレーできる。この調子で私達を助け続けて欲しいと思う。バルサは素晴らしい選手補強を行なったよ」

10.ティアゴが去ったのは残念だ。彼のことは高く評価している。残留して欲しいとは話したが、彼は誰と競合しているかわかっていた。彼の調子がいい時は、彼はプレーしていた」

上に戻る