fcb.portal.reset.password
Tata Martino observa el partit contra el Sevilla sota la pluja

セビージャ-バルサ戦でのタタ・マルティノ/ FOTO: Arxiu FCB

ヘラルド 'タタ' ・マルティノ は、アトレティコ・デ・マドリードとの試合を終えた後、クラブと双方合意に達し、監督として続けないことを発表した。チームを率いて、1年、目に付くデータを残して去ることになった。

タタ・マルティノのベンチでの時代は、簡単に超えられない三つの記録を残すことになった。まず、一つは、59節連続でバルサを首位にキープし続けたことだ。誰も、これほど長い間、バルサを首位にしておくことはできなかった。マルティノの率いるチームは、最初の21節を終えるまで、前年の38節を加えて、ずっと1位で居続けたのだった。

第二に、マルティノはバルサのリーグ史上、かつてない最高のスタートをきった監督となった。大会の最初の8節まで可能な勝ち点24点を全て獲得し、デビューから公式試合で無敗を誇り、20試合(リーグ戦14、チャンピオンズリーグ4、スペインスーパー杯2)で最多記録を作ったのだ。, 

また、マルティノはデビューした年、公式戦59試合をこなし、その内訳は40勝11分け8敗となった。チームは148得点、48失点を手にした。リーグ戦では、勝ち点87を手にし、得点数は100点に到達した。

上に戻る