fcb.portal.reset.password

ヘラルド 'タタ' マルティノ、ニューウエルズの練習にて 写真: www.newellsoldboys.com

ヘラルド 'タタ' マルティノは、アルゼンチンとパラグアイの二国で今までチームを率いていたが、非常にはっきりしたサッカースタイルを持っている監督だ。南米のメディアを通して、その哲学を説明してきた本人のことばを抜粋し、そのスタイルを検証する。

「勝つことは信念に留めをさすために絶対的に必要なことだ。だが、発信するメッセージに、一貫性がなければならない。私達はこの試合はこのスタイルで、別に試合は別のスタイルでプレーすることはできない」 Perfil, 2012年5月26日.

「ポゼッション、攻撃、対戦相手のピッチに多くの選手を置き、リスクを担う、それが私の提案だ。ディフェンダーは振り返ると、自分達の位置からキーパーの位置まで40メートルあることに気付くだろう。だが、プレーすることを放棄してはならない。縦に大きくピッチを使う時は使う、サイドプレーが必要ならばサイドに開く、ボールが飛んだりすることはない。そんなことに意味はないのだから・・・」 Perfil, 2012年5月26日.

「サッカー選手は、何よりも大事なものだ。監督は、自分が率いる選手がいかにプレーするかによって、良くも悪くもなる機会を与えられている。監督は決して実際にプレーするものより上にはいない。監督のポジションを偏って高く持ち上げすぎている」 Fox Sports, 2012年4月15日.

「サッカーの下部組織は、テクニックを磨く練習に戻るためには、必要なものだ」Fox Sports, 2012年4月15日.

「選手としては、スキルがあり、いいプレーをし、走ることは少なかった。ビエルサと共に、プレーするためには別の問題が必要なのだと理解した。生き残りを賭けた問題だった」 Fox Sports, 2012年4月15日.

「もし、私が監督としての役割を果たす必要がないのなら、 アルゼンチンサッカーは世界で最も難しく競争力の高いサッカーの一つだというだろう。もし、監督として話すなら、アルゼンチンのサッカーを1試合を見るには、10分間もあれば十分だと言うだろう」 La Nación, 2012年1月24日.


上に戻る