fcb.portal.reset.password

Messi i Sergi Roberto, a Oslo. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

バルサの2013/14年に向けての準備は続く。今週の月曜日夜は、レヒア・グランスクで三回目のプレシーズンテストマッチが行われる。本来、プレシーズン最初の試合になる予定だったが、ティト・ビラノバが来季、続投できないというつらいニュースを受けて、試合が延期になり、本日、行われる運びとなった。

ネイマール、参戦

とはいえ、新監督タタ・マルティノは、バルセロナの練習場に残って、コンフェデレーション杯に参加した代表選手と共に行なうダブル・セッションを率いることになる。その中で、唯一、グダンスクに行ったのは、ネイマールのみだ。彼が試合で最も注目される主役になるのは、避けられない。現在まで、バルサが補強した唯一の選手は、23人の招集リストに入ったが。それ以外に、ドイツとノルウェーに遠征した顔ぶれ(バルサBから11人)と比べて変わったのは、二人。ネイマールが入った変わりに、マスチェラーノが招集リストから外れ、また、キンティジャに変わってバグナックが入った

現在まで、プレシーズンマッチのバランスは、一勝一敗だ。チームは、アリアンススタジアムでバイエルンに負けを喫し(2-0)、その後、オスロでバレレンガを相手に大量ゴールで勝利を収めた (0-7)。二試合とも、トップチームからの10人の選手とピントでスタートし、後半はバルサユースの選手にあふれるイレブンを形成する形で行なっている。

上に戻る