fcb.portal.reset.password
第一レグでのメッシ

第一レグでのメッシ/ FOTO: ARXIU - FCB

レアル・ソシエダは 18 試合をホームのアノエタで行なっているが、そこで得た成績の半分以上は、FCバルセロナに国王杯決勝進出をもたらすものだ。第一戦は2-0で収めているバルサだが、ホームでレアルソシエダは、今までリーグ戦で7勝、チャンピオンズリーグで1勝、国王杯で2勝と全部で10勝を収めている。そのうち、5試合のみが国王杯決勝進出を許すことになった成績だ (リーグ戦4勝、国王杯1勝)。

今週の水曜日 (22 時, Antena3局)、 アノエタは国王杯4試合目を行なう。ソシエダは、アルヘシラスを相手に4-0でホームで勝ち、16強でビジャレアルとはドロー、ラーシングを相手には再び、3-1で勝利をあげている。

リーグ戦では5番目にいい成績をホームで収めている

アノエタは、BBVAの大会で今季は、幸運を得ているチームの一つだ。ホームでは、レアル・ソシエダは勝ち点24をあげており、7勝3分け1敗の成績だ。27得点を手に、失点数はたったの7であり、これはホームで最も失点数の少ないチームのアトレティコ・デ・マドリードと同じ数字だ。

欧州での成績

一方、チャンピオンズリーグでは、レアル・ソシエダは同じ成績をあげられていず、唯一の勝利は、グループリーグでのリヨン戦で、シャフタカル(0-2)、バイエルン・レバークーゼン(0-1)、マンチェスターユナイテッド(0-0)と戦った末に、9点中勝ち点1点をあげる結果に終わった。

延長戦も

また、延長戦に3回、持ち込んでいる。ハコバ・アラサテのチームは、3回とも2-0で勝っている。 (ヘタフェ、アスレティックとはリーグ戦、オリンピーク・デ・リヨンはチャンピオンズリーグ).

アウェーでのバルサ

一方、ヘラルド・マルティノがアウェー戦で負けたのは、今季、二度のみだ。アヤックス戦の2-1、アスレティック・クラブとの1-0だ。この二試合と同じ結果を手にしても、バルサは国王杯決勝に進出することになる。カンプノウから離れたアウェー戦での結果であれば、どれが繰り返されても、バルサは国王杯の決勝に進出することになるだろう。

上に戻る
_satellite.pageBottom();