fcb.portal.reset.password

Sergio, Messi i Adriano celebren un dels quatre gols marcats l'any passat / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

もしも、統計データを信じるなら、今週の水曜日、カンプノウでアトレティコ・デ・マドリードと対戦する場合、スペインスーパー杯でチャンピオンになるのは、バルサ‘のみ’ということになる。バルサは最近、6回、カンプノウで戦っているリーグ戦及び国王杯でのアトレティコ・デ・マドリードとの対戦の全てを制している。得点の内訳は、28ゴール5失点のみだ。

2006/07年にリーグ戦で、ドローを喫したが、もし、水曜日にドローになれば、延長戦にもちこまれることになる。2007/08年にライハールトの率いるチームは、デコ、メッシ、チャビ(3-0)のゴールで、はっきりとその優勢を見せつけた。その後は、大量ゴールゲームが続き(6-1, 5-2, 3-0, 5-0)、昨季は 4-1で試合を制し、その際にゴールを決めたのは、 アドリアーノ、セルヒオ・ブスケッツ、ダブルゴールを決めたメッシだった。 また、同様に 2008/09年の国王杯でも、バルサは、 アトレティコを前に試合を制している (2-1)。

シメオネのアトレティコ・デ・マドリードは、堅固なチームだ。この統計を破ろうとやってくるだろう。言うまでもなく、マルティノの新生バルサも、大きな野心を抱え、今までの統計を拡大していこうというモチベーションを持ち、2013/14年最初の公式タイトルを制覇しようと立ち向かう.


上に戻る