fcb.portal.reset.password

Cristian Tello ha ampliat el seu contracte fins al 2018 / FOTO: ARXIU FCB

クリスチャン・テジョ (1991年8月11日生まれ) は、バルサとの契約を更新した。 この更新の結果、テジョの契約期間は、2019年6月30日まで延長され、契約破棄金は、2500万ユーロに定められた。サバデル出身のこのサイドアタッカーは、昨年、トップチームで34試合に参戦し、8ゴールをマークした。ちなみに、昨年の12月にテジョはトップチームでの最初の契約にサインしたばかりだ。

ホーム育ちの選手

テジョは、27歳でバルサとの契約を現時点では終わる計算になるが、もともとFCバルセロナには、11歳の時にやってきて、2002年まで2007年までを過ごし、ホームで育てられた。その後、ダムンでプレーし、後に再び、バルサに戻ってきてバルサBでプレーしていた。その翌年、 2011/12年からトップチームで積極的にプレーするようになり、ティト・ビラノバの率いるチームの一員として、昨年はプレーしていた。

このスピードが持ち味のサイドアタッカーのトップチームデビューは、 2011年11月8日、21 際で、国王杯でオスピタレットを相手にデビューし、2ゴールをあげて主役となった。リーグ戦では、2012年1月28日 にビジャレアル戦でマドリガルでデビューを果たした。ペップ・グアルディオラの指揮のもと、レアルソシエダとの対戦で、2012年2月4日にリーグ戦で初ゴールをあげた。 2年目の今、トップチームの選手としての権利を堂々と得たテジョは、再び、バルサの攻撃の新たなオプションとなる。テジョの持つポテンシャルとスピードは、 タタ・マルティノにとっても、貴重なカードとなることだろう。

上に戻る