fcb.portal.reset.password

Tata Martino, a la roda de premsa. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

タタのカンプノウでのデビュー戦は、ジョアン・ガンペル・トロフィーで、サントスを相手に8-0で試合を制するものとなった。ジョアン・ガンペル杯を受賞した新監督は、「プレスのかけ方が最も気に入った。それを堂々と取り戻したのが何よりうれしいし、前半、後半において失うことがなかった」と胸を張った。

「最初のポジティブな解答を求めようと努力した。特に試合への集中度とプレスのかけ方においてだ」「チームは非常にいいプレーをしたし、更に、3回、4回、もっと可能性があるところを見せた」と付け加えた。

チームに満足

現在、手にしている選手グループに関しては、タタは「現チームに満足している。もし、技術面で向上できることがあれば、探しているが、それができないのであれば、今ある状態で十分だ」と話した。セスク・ファブレガスの移籍の可能性について聞かれると、「私は彼と話し、自分の考えていることを話した。彼を数にいれないなんて考えられないが、選手が決定しなければならない部分もあるから、そこには私は首を突っ込まない・だが、彼は残るだろうと言いたい」と明白に応えた。

効果的な内容

バルサで過ごした最初の1週間について、「とても楽に落ち着くことができた。クラブは非常によく受け入れてくれた」と話し、「3つか4つ、気になったところを集中的に扱うことができたし、選手や練習場も知ることができた」といい、「今からはこのツアーをうまく利用したい」とコメントした

同時に チームスタッフにも感謝のことばを述べて、「とても気持ちよく初日から過ごせた。既にここにいたスタッフと共にとても気持ちよく仕事しているし、たくさん話している」とその関係性の良さを強調した。

上に戻る