fcb.portal.reset.password
選手に命令を出すタタ・マルティノ

アムステルダム・アレナスタジアムの試合中のタタ・マルティノ / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

タタ・マルティノは、 2011/12年に打ち立てた21試合連続無敗記録まで、あと一歩のところで立ち止まることになった。 トップチームの監督は、アヤックス(2-1)を相手に黒星を喫した後、チームには最初の45分間、強度が不足していたと認めた。

バルサの監督は、「前半に手にした問題は、オフボールの時よりもボールを手にしている時にあった。私達は動き出しと正確さに欠けていた」と認め、「チャンピオンズリーグで、相手が16強進出を賭けて戦っている時、90分間の強度が必要とされるものだ」と忠告した。チャンピオンズリーグで、相手が16強進出を賭けて戦っている時、90分間の強度が必要とされるものだ。

「我々は全員で、この強度の差がどこにあったのかを知るために、反省しなければならない。私達は進出を決めていたが、アヤックスはまだ、それを探しているところだった。だが、私達は、今回、行なったような前半をプレーすることは許されない」 とコメントし、「自己批判は常に役立つものだ。もし、このグループに何かがあるとしたら、それは非常に強い自己批判精神だ」と付け加えた。マルティノは更に今回の敗戦は、「あまり、傷つけられることのない」時期に訪れたことを指摘し、それゆえ、まだリアクションを起こし、「何が起きたのかを分析チェックする」時間があると考えていることを示した。

ミランの勝利

ミランはセルティック・グラスゴーのピッチで、カカ、サパタ、バロテッリのゴールで試合を0-3と制した。バルサと勝ち点2点差で2位についている。次の節では、ミランとアヤックスが戦うことになる。セルティックは、数字上では、敗退が決まった。

上に戻る
_satellite.pageBottom();