fcb.portal.reset.password

Gerardo Martino, durant el partit. FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ヘラルド・マルティノ は、レアルベティス戦の試合を制して、勝利に満足して、記者会見場に現れたが、最初の30分はベティスのペースで試合が運んだことについても、話した。

・試合
「私達は、最初の30分間、ベティスがやりたいように試合を行なった。彼らは多くのスペースを与え、ベティスがかけてきたプレスのせいで、私達は下がらなければならなかった」

「ベティスは前半の30分でゴールを決めても全くおかしくなかった

「セスクが3点目を決めた時点で試合は終わった。私達は非常に賢くプレーできた」

・新たなプレーバリエーション

「もう少し、後ろでプレーしても影響はないと今週、私達は話した。私達には動きがよく、ゴールポジションまですぐに行ける選手がいる。バルサが待ち構えていて、対戦相手がプレスをかけにくるような感覚を受けたからだ。私達がボールを手にしている時に、強くなればなるほど、プレーバリエーションを手にする必要が出てくる」

「30分ほど、ボールがうまく回せない時間があった。その後、物事がうまくいったにしても、そういったことから目をそらしてはならない」

30分ほど、ボールがうまく回せない時間があった。その後、物事がうまくいったにしても、そういったことから目をそらしてはならない。

・セスク・ファブレガス
「周囲を動かし、試合を決めることができ、プレーを始めることができ、フィニッシュまでもっていくことができ・・・彼は非常に良いプレーし、またプレー理解が優れている選手グループの中にいる」

・レオ・メッシ
「(メッシがいなくても)私は、非常にいいプレーをする他の選手を手にしている。もし、このチームに特徴があるならば、決して言い訳を探さないということだ」
「最後の負傷とは全く関係ない。違う足だからだ。月曜日に検査をして詳細がわかるだろう。私は自分が知らないことについては話さないことにしている。どのくらい、リハビリに時間がかかるのかなどは、医師が教えてくれるだろうし、私はそれに従うだけだ」

上に戻る