fcb.portal.reset.password

Tata Martino, content per la segona victòria del Barça en Lliga / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ロサレダで バルサ はリーグ戦において、再び、勝利を勝ち取った。結果は0-1であり、最後までマラガは同点弾を決めようと攻め続けた。試合後の記者会見でのタタ・マルティノのコメントは、以下の通り。

・ 「私達はペースダウンしてしまった。効率性に欠けたが、多くのオプションを手にできた」」

「後半の25分までは試合をコントロールできていたが、その後、私達はポゼッションを失ってしまった」

「リーグの最初から、試合結果はポジティブだ。プレー内容に関しては、試合した中には、いい内容でプレーできた時間もあった」

「私達は、コントロールを失ったら、すぐに試合に片をつける術を身に着けなければならない」

・ネイマール

「アトレティコ、マラガでのネイマールの試合は、レバンテ戦よりもわずかに良くなっていた。毎回、良くなってきている
チームには、私達は、目指すべき手本ーメッシを指しているーがいる。相手の挑発にのってはならないし、ネイマールはその通りに行動した」

・アドリアーノのゴール

多くの選手がゴールを分け合い、決めるのはとても価値があることだ。既に二人のサイドバックがゴールを決めたし、殆どのFWもゴールをマークしている」

・マラガ

「マラガのラインアップを見た時、アトレティコに近いディフェンシブなシステムでやってくるだろうと想像できた。マラガの中盤は、非常に堅固だった」

上に戻る