fcb.portal.reset.password
カルタヘナ戦でのマルティノ.

カルタヘナ戦でのマルティノ. FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ヘラルド・マルティノは、カルタヘナを相手に1-4で試合を制した後、記者会見で、「勝つ義務があった。それに見合うことをしたまでだ」と話し、カルタヘナが「緊張感あふれる試合を強いた。よく走り、最初の20分間はとてもよかった」と評した。

また、マルティノは、80分間プレーしたジョルディ・アルバの復帰も祝福し、「60分から70分かと思っていたが、80分間プレーした。フィジカル的にはいいとわかっていたが、自信をもって知る必要があった。よくやった。3か月、ピッチから離れていたとは全く感じられなかった」と説明した。

また、チームについては、「基本ラインではよかった。我々は2部Bを相手に戦ったが、謙虚に戦った。我々が負けている最中、及び引き分けている最中、最近、2試合負け続けていることが思いこされたが、我々は謙虚に戦ったし、この試合には勝たなければならないとわかっていた」とコメントした。マルティノはさらに、現在のバルサの状況は、「次に進むのにこれ以上はない」というほど、最高だと付け加えた。

最後にタタは、攻撃に参戦した選手について、「ファブレガスは偽‘9番’の役割を非常によく果たした。アレクシス、ペドロ、セルジ・ロベルトと共に童は広くピッチを使ってプレーすることができた。彼らは非常にいい試合をした」と付け加えた。

上に戻る