fcb.portal.reset.password

Martino, aquest dilluns a San Siro / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

・タタ・マルティノ

ミランとの前日記者会見で、タタ・マルティノが話した概要は、以下の通り。
「今週は、大事な試合のある週だが、決定的なわけではない。歴史的なライバルと対決する試合があるし、我々も最大限の力を出そうと努力している」

もし、火曜日にポジティブな結果を出せれば、ほぼ、チャンピオンズリーグの16強進出は決まる。我々の進出を決める試合だ。だからこそ、大事な試合だと考えて22人の選手を招集した」

「バルサは3日、4日ごとに試験がある。 私は自分が率いた全ての試合で責任を感じている。いつものように、ピッチの上には内容のいいプレーができて、勝つことができる選手を置かなければならない」

この火曜日、私達は目の前に巨大な組織を前にする。それを軽視することはできない。この試合を通過するための消化試合などと私達が理解することは、決してない。すごく難しい試合になるだろうというのに!」
私達はプレーの選択肢を支配し、相手にカウンターのオプションをできるだけ、与えないようにしなければならない。
「バルサはバルサでなければならない。ボ0るの支配から始まり、また、プレーオプションを支配しなければならない。それがここ数年やってきたことなのだから」
「相手にできる限り、オプションを与えないようにしなければならない」
バロテッリ?もし、プレーしないなら、ライバルの監督にとっては朗報だが、ファンにとっては残念なニュースだろう

レオは良いとみている。パンプローナで数分試すために遠征させた。理解もできていた。練習はよくできていたし、自信があるように見受けられる

・マッシミリアーノ・アレグリ

「去年、行なったことを繰り返すことだ」

「ディフェンス面の注意をおろそかにすることはできない。絶対に彼らの方がボールポゼッションが高いだろうが、私達は戦術的に昨年と同じように行なう。つまり、アグレッシブにいき、かつ、スペースを削っていくということだ。彼らのクオリティは高いが、昨年のようにプレーすることができれば、成功できる

「勇敢にプレーすることはできるが、私の相手はもう、進出が決まっていないチームではない」

「バルサは様々な攻撃オプションを持っている。メッシだけでなく、チャビやイニエスタがいて、広いスペースで攻めてくるネイマールも加わったからだ」


上に戻る