fcb.portal.reset.password

記者会見後のタタ・マルティノ / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

チャンピオンズリーグの敗退、国王杯の決勝を逃した後、バルサはリーグ戦に残った5試合のうち、最初のファイナルをカンプノウでアスレティック・クラブを相手に戦う。タタ・マルティノは記者会見で「チームがあきらめることはない」と明言した。「私達はわずかの時間につらい3ゴールを受けて苦しんだが、最後まで戦い続けるのが私達の義務だ」と付け加え、「私達は残った5試合全てで勝ち点を得ることで可能性を手にする」と話した。

私達はわずかの時間につらい3ゴールを受けて苦しんだが、最後まで戦い続けるのが私達の義務だ。

また、現在、厳しい状況をチームが過ごしていることを認めた。「慣れていないだけに、その気力を取り戻すのは難しいし、誰もが簡単にこの状況を乗り越えられるとは思っていない」と認めた上で、 「人々が再び、チームに近付き、そのプレーに喜びを覚えられるかどうかは、私どもの手にかかっている」と付け加えた。

また、日曜日のライバル、アスレティック・クラブについて、「ヒエラルキーのあるチームだし、私達はつらい週から迎えてきている。その両方に打ち勝たなければならない」 と分析し、「ビエルサの時からよくやってきているグループだし、それはバルベルデになっても同じだ」と評価した。

ビルバオは、ヒエラルキーのあるチームだし、私達はつらい週から迎えてきている。その両方に打ち勝たなければならない。

また、自己批判も行ない、タタ・マルティノは、「結果がついてきていない」ため、今季、行なった仕事に満足していないと話し、「まだ、リーグ優勝のオプションがあるのだから、戦い続けなければならない」 とコメント。また、将来については、「私の力とエネルギーは、今季に集中しており、そこから後のことを考えるのには使っていない」と明言を避けた。

上に戻る